Web制作に関するブログ WEB集客に関するブログ

ダンススクールのネット集客は、ホームページ制作・運営で増やせる!

更新日:

ダンススクールを探している人は多くいますが、今では多くのダンススクールがホームページを持っています。

ダンススクールを経営していて、なかなか集客出来ないということはありませんか?

 

 

新しい生徒に来てもらうための集客方法として

  • イベントなどでフライヤー(チラシ)を配る
  • ダンス雑誌やフリーペーパーに載せる
  • インターネットの掲示板やSNSで生徒募集をする

などがあると思います。

経営しているスクールを知ってもらうため、生徒を集めるために上記のような宣伝をされている経営者様が多くいらっしゃると思います。

しかし、生徒が集まらなく宣伝の仕方が間違っているのか?と思われる方もいるかもしれませんが、上記の方法は決して間違いという訳ではありません。

では何故が生徒が集まらないのでしょうか?

 

それは、集客をするために上記のような宣伝はどのダンススクールも行っているからです。

SugarBeatsではあなたに合ったネット集客のご提案が出来ます。

 

ダンススクールの集客を増やすには

・どういった生徒に知ってもらうか?

・どういった生徒に通ってみたいと思わせるか?

ということが大切です。

 

ターゲットに合わせた生徒にホームページ作成・アピールができていますか?

 

「ダンススクールに通いたい!」という人はどういった人でしょうか?

 

初心者の人が「ダンスを習いたい」という場合や

経験者の人が「もっとスキルを磨きたい」という場合などがあると思います。

 

そして「どういったスクールがあるのか?」と自分の目的にあったダンススクールをインタネットで探します。

 

 

ネットで集客を行ううえで大切なことは「誰に見られているか?」です。

初心者と経験者ではどこのスクールにするか考えるときに検討する材料が異なります。

初心者がどうダンススクールを探すか

全く初めての人は「どこが良いダンススクールか?」「自分に合ったダンススクールはどこか?」ということはほとんど考えていません。

 

 

通いやすいダンススクールを探す傾向にあります。

  • 家から近いダンススクールか?
  • 学校から近いダンススクールか?
  • 会社から近いダンススクールか?

など立地が大きいといえるでしょう。

 

そのため、ネット集客を行うときにはホームページに

「駅から徒歩何分です」と好立地をアピールしたり

わかりやすいアクセス方法などを載せると良いでしょう。

 

またスクールを通ううえで金額は払えるか?ということも考えます。

 

チケット制で1回ごとのレッスン料なのか。

1ヶ月の月額料金で通い放題なのか。

 

人によってどちらが通いやすいか異なるので、

レッスン料が選択出来るシステムにするなど、見ている人が選べるような料金プランにすると良いでしょう。

 

経験者がどうダンススクールを探すか

自分のやりたいダンスのスタイルや、興味のあるインストラクターなどがある程度決まっています。

 

そのため自分の目的に合ったダンススクールを探す傾向にあります。

 

 

例えば将来ダンスの仕事をしたいと考えているような人は、憧れているインストラクターや、目指しているインストラクターのレッスンを受けたいと考えています。

 

経験者にアピールをするポイントとしては

 

  • 今トレンドとなるインストラクターの在籍を紹介する。
  • インストラクターの豊富さを紹介する。
  • あまり有名なインストラクターの在籍がなくても経歴紹介をする。

 

などをホームページに載せてアピールすると良いでしょう。

 

またレッスンはどのレベルで行われているかも気になるところです。

レッスンのタイムテーブルに「初級」「中級」「上級」などしっかりと明記をしてあげると良いでしょう。

 

生徒が集まらないということがありましたら、このように「初心者」と「経験者」どちらにホームページを見てもらって集客をしていくかを考えて頂くと良いでしょう。

 

ネットで見てる人に魅力を伝えられていますか?

septimo77 / Pixabay

ホームページでダンススクールのを探す人は、そこのダンススクールがどういった雰囲気でレッスンを行われているか気になるものです。

 

 

スクールの雰囲気が一番見てわかりやすいのが動画です。

今ではYouTubeで無料で動画を上げることが出来るので、レッスン風景などを公開するとよいでしょう。

YouTubeからホームページに流入してもらえるように、必ず動画の詳細欄にホームページのURLを載せるようにしてください。

 

またレッスン風景の動画をとるときには「ただ動画を撮るだけ」ではいけません。

見ている人にとって通ってみたいなと思わせる必要があります。

先程と同様に「初心者」「経験者」と分けて動画をどのように撮ればいいかをまとめていきます。

 

  • 初心者に向けた動画

基本ステップなど基礎的な動画を撮り動画アップをするのが良いでしょう。

また、ダンスはジャンルやスタイルごとに身体の動きや使い方が変わります。

そのため初心者に分かりやすいようにジャンルやスタイルごとに分けて動画を撮るようにしてください。

ここで注意点をしなければならないのが、動画をアップする目的はあくまでホームページへの誘導です。動画だけで満足させてはいけません。

 

  • 経験者に向けた動画

インストラクターのソロ動画などを撮り動画アップをすると良いでしょう。

このダンスがかっこいい、習ってみたいという欲求を満たしてあげることが大切です。

また「中級」「上級」以上の少し難しい振付やルーティーンのレッスン風景の動画をアップするのも良いでしょう。

 

 

上記のような動画を見てもらう事で見ている人が魅力を感じ「ここに通いたい」と思わせれば集客を増やすことをが出来ます。

 

 

独自性のあるホームページであればもっと集客が増える

 

どのダンススクールのホームページを見ても載っている内容が似ているということはありませんか?

ホームページに載っているのは「料金表」「レッスンスケジュール」「インストラクター紹介」などの情報ばかりです。

 

 

ダンススクールに通いたいという人はいくつかホームページを見て比較をして問い合わせをします。

そのため、何件か通いたいスクールをピックアップした後に、検討材料が同じなので料金勝負やインストラクター勝負になってしまいます。

 

 

ネット集客を増やすには、あなたの経営しているダンススクールしかない独自性をホームページに載せることで、特別感を与え問合せの後押しをしてくれます。

 

 

今すぐにで簡単に出来る独自性を出す方法はブログです。

ブログの更新を行えば、見られる人が増えるので出来れば毎日更新をするようにしましょう。

毎日書くネタ無いという方は、毎日行われるレッスンの内容などをブログに書くなど続けやすいやり方で更新を行っていってください。

 

しかし、

・ブログの更新が面倒くさい。

・時間がない。

という経営者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった場合はブログ以外の方法で独自性を持たせるようにしましょう。

 

  • 初心者に向けた独自性

ダンスの動きを文章化して説明をし、同時に動画の載せるという方法が良いのではないでしょうか。

今まで、ダンスの動きを文章化しているホームページを見たことはありますか?

私は正直、見たことがありません。

しかし他のダンススクールで見ることが出来ない内容があれば印象に残り、良い内容のものであれば初心者でも踊れそうと感じてくれるでしょう。

文章だけでは伝わりずらいので動画も載せましょう。

 

  • 経験者に向けた独自性

ダンサーはダンスを深く追求する傾向があると思っています。

そのためダンスのジャンルや技のルーツを解説するなど、

ダンスを踊るということ以外に学べることを載せると良いのではないでしょうか。

 

 

このように、

他のダンススクールにはない独自性を出してあげることで見ている人の目に留まり、このダンススクールは面白いと思わせることが出来ます。

 

見ている人の印象に残すことでネット集客を増やすことは可能です。

 

しかし、ネットで集客をしたいけど

・どのようにダンスを文章化をしていいか分からない。

・ホームページにそんな時間を掛けてなれない。

ということがありましたら、弊社SugarBeatsにお任せください。

 

SugarBeatsでは集客方法の改善・提案や動画の文章化など、さまざまネット集客のお仕事をお受けしております。ネット集客にお悩みということがありましたらお気軽にお問い合わせください。

-Web制作に関するブログ, WEB集客に関するブログ

Copyright© SugarBeats , 2017 All Rights Reserved.