SEO・検索エンジン最適化 被リンク

中古ドメインのSEO効果は?取得方法・選び方

投稿日:

アフィリエイトを取り組もうとお考えの方

SEO対策業者に飽き飽きしてご自身でSEO対策・特に外部施策を取り組もうとお考えの方

そういった方は、「中古ドメイン」をお探しのかたも多いと思います。

有名な中古ドメイン販売サイトなども増え、そういったところだと

「ほしいドメインがもう取得できない!」

といった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は中古ドメインのSEO的な効果の分析と中古ドメインの取得方法をご紹介していきたいと思います。

まだ中古ドメインというものが分からないよ。という方から解説していきますので、ゆっくりお読みくださいませ。

 

 

そもそも中古ドメインって何?

 

まだ中古ドメインという言葉を聞き始めた方は、なんとなく「SEOに効果がある」というイメージしかないかもしれません。

簡単に中古ドメインとは?にお答えすると、

暁人
誰かが使っていたドメインが、解約されたドメイン。

ということになります。とても単純ですね。

ただそれが、なぜSEOに効果があるといわれているのでしょうか?

中古ドメインがSEOに効果的といわれる理由

中古ドメインがSEOに効果的といわれる理由は、SEOの外部施策による効果があげられます。

通常外部リンクを中心としたSEO施策をおこなうSEO会社では、お客様のサイトに対してリンクを設置することで順位をあげにいきます。

それは、「いいえ」と検索したときにYahoo!が上位に表示される理由と一緒といえます。

  1. 様々なサイトからリンクをもらうことで、「支持されている」という認識をGoogleのロボットに与えていく
  2. 「支持」を受け取ったGoogleのロボットは、そのサイトの評価をあげる
  3. 結果、上位表示されやすくなる

この流れの中で、中古ドメインは既に多くのリンク・ドメインを得ているので評価が高いドメインに成長している。

そのドメインを取得することで、

  • リンク先を作り、評価の高いサイトから「上げたいサイト」へ力を受け渡す。
  • コンテンツを作り、評価の高いサイトだから上位表示する。

といった中古ドメインの使い方をしていくのです。

つまり内部施策を中心にするサイト・リンク先としてサテライト的に作るサイトにしても効果的に使うことができるのです。

これが中古ドメインがSEOに効く理由・そして現在中古ドメインが人気が出ている理由です。

ただ中古ドメインにはリスクも存在しますし、使い方によって取り方も変えていかなければいけないと私は思っています。

ここからは実際に中古ドメインを取得しようとお考えの方に、中古ドメインのリスク。そして選ぶ基準などをお伝えしていきます。

中古ドメインを取得する前に知っておくべき、リスク

たまに中古ドメインの販売サイトを見ていると、

「中古ドメインさえ取得すれば、SEOがうまくいく!」

といったように感じるサイトさえあります。

暁人
それは、中古ドメインの迷信です。

実際現在のGoogleは、いまだに外部リンクは有効ながらも、どちらかといえばコンテンツの時代です。

そこを念頭に、中古ドメインの3つのリスクをご紹介します。

①ペナルティのリスク

現在解放されているドメインの大半は、スパムドメインといっても過言ではないと思います。

スパムドメインとは、前利用している方が

  • 外部施策をやりすぎてペナルティになっている。
  • 低品質なコンテンツでペナルティになっている。
  • ハッキングなどにあってペナルティになっている。

といったドメインです。なぜそのようなことをいうかといえば、単純です。

ぶっちゃけうまくいっているドメインは廃棄しませんし、少なくとも素人で取得することは不可能です。

みなさんもドメインを捨てるってあまりしないんではないでしょうか?

②費用的なリスク

中古ドメインでリスク①であげたようなドメインを取得した場合、取得時はペナルティになっていなくても、取得後ペナルティになる可能性があります。

そうすると通常数百円~数千円程度のドメイン費用に対して、数万円払ったものがほぼ無価値になってしまうのです。

そしてそれを無理に使用し続けようとすると、ペナルティが施策実施したサイトへも影響し、事業としてやられている方は完全な「損」をしてしまうのです。

③管理のリスク

中古ドメインを一度取得し始めると、管理が必要になります。

定期的にそのドメインの状態をチェックしておかないと、実はペナルティになっていた。なんていうことも発生します。

そしてサーバーに載せる。コンテンツを載せる。といった作業も発生してくるのです。

その管理ができる体制・スタッフがいないのであれば中古ドメインを取得することはおすすめできません。

それでも中古ドメインがほしい‼取得する際に必要なもの

SEOを楽しんで施作している私としては、これでも中古ドメインがほしい!

という方は、大歓迎です。

そこで中古ドメインの選び方を解説していきます。

まず中古ドメイン取得に必要なサイトやツールについてご説明します。

最低これだけは、用意しよう!中古ドメインの取得ツール

それではご自身で中古ドメインを取得する際に必要なサービスやツールをご紹介します。

  1. 中古ドメインのリンク状態を見るツール
  2. 中古ドメインの過去をしるツール
  3. 中古ドメインの解約状態を知るサイト

この3つが必要になります。それぞれのおすすめのツールをご紹介していきます。

中古ドメインのリンク状態を見るツールについて

私は最近では、MajesticSEOしか使っていません。

中古ドメインの過去をしるツール

WayBackMachine

中古ドメインの解約状態を知るサイト

 

中古ドメインの選び方と考え方。

まずドメインは、時間が経つことで成長していきます。

それはドメインエイジ・ドメイン年齢といわれるものにあたります。

サイト運営をするにあたって、ドメインエイジを考える必要はあるかと思いますが、私としては中古ドメインに対してドメイン年齢はあまり関係ないと考えています。

なぜなら、ドメインは長く持てばいいということではないからです。

中古ドメインにとって、重要なことは

「ドメインを使って、しっかりとサービスを運営されていたこと」

です。

たまにリンク数やドメイン数などの定量的な部分だけを表示している中古ドメイン販売会社もありますが、そこだけ見ていると取得後にすぐペナルティになるといったことが起きてくる危険性があります。

なぜ?しっかり事業・サービス運営されていた中古ドメインが必要か?

SEOにとって一番難しいこと、自然発生リンクを得ることです。

いくら長く運営していたからといって、

  • 有益な情報
  • 独自のサービス
  • ファンや話題性

がないサービスを運営していては「自然発生リンク」など発生しません。

つまりいくらリンク数・ドメイン数が多いドメインを取得したとしても、ほぼブラックな人工リンクしかついていないでしょう。

そんなものに対して、数万円も払うのはもったいないと思いませんか?

実際の中古ドメイン取得の流れ

-SEO・検索エンジン最適化, 被リンク

Copyright© SugarBeats , 2017 AllRights Reserved.