初めてのライティングでも安心!初心者から始める3つのコツ

著者:wpmaster

初めてのライティングでも安心!初心者から始める3つのコツ

ライティングは、副業で稼ぎたい方、空き時間を有効利用したい方、また、ライターとして本業を目指す方など様々な目的で挑戦されるものです。

私たちもコンテンツ制作の一環として、記事代行サービスを行っています。

そこでこれからライティングをこれから始める方に、そもそもどんなものなのか、また、初めての方でも知っておきたいどんなコツがあるのかを3つにわけてご紹介します。

ライティングってどんなもの?

ライティング

 

そもそも、ライティングとは現在、大半がインターネットに掲載されている解説文、説明文、体験記、ブログなど多くの記事をさします。もちろん、実物の書籍や雑誌に掲載されているライターも存在しているのですが、ライティングという仕事が幅広く注目されるようになったのは、インターネットの恩恵があってこそです。かつてなら、素人の記事がメディアに掲載される可能性はほとんどなかったわけです。

様々な記事を自由に会社組織、個人、グループでの掲載が可能になったため、情報発信ツールとして膨大な数が掲載され続けているために、ライティングの需要は急速に膨れ上がって来ているので副業にもしやすい魅力があります。

コツ1、ライティングでスキルアップは可能

スキルアップ

 

ライティングを始めるために、まず、知っておきたいことは、クライアントが求める記事には、1文字0.1円のものから存在しています。もちろん、高度な記事が作成できるレベルになれば、文字単価も何十倍にも上がってきます。初めてライティングの内容を調べていて、1文字がわずか0.1円で400文字書いても40円と知れば、それだけの時間をかける意味がないのではないかと思われるでしょう。しかし、それは文字単価を少しでも上げて行くスキルを身につけることで、徐々に上を目指すことは可能です。一気に記事の質を高めるというのはたやすいことではないのは確かですが、クライアントの選び方で記事の質を高めるノウハウをマニュアルとして指導してくれるところは、沢山あるのでやり方次第でスキルをアップしていくことは可能ではありません。

 

コツ2、検索意図を知る

検索意図

 

ライティングをする時に最も重要なのが、クライアントから出されている文章のキーワードから検索意図を知ることです。

これは、検索している方はどんな意図からホームページにたどり着いたかという意識を強めることです。例えば、膝痛がある方が治したいために医薬品の検索を行う時に、効果があるかどうかが最も重要な検索意図になるので、記事を作成するときに、効果の有無をまず書き出しに持って来てユーザーが求めたい情報を提供するように努めて心がけるのが重要です。

潜在的な検索意図まで考えよう

インターネットで、検索にかけるとその言葉ひとつから派生した検索候補が多数上がってきます。検索をするときに、とても便利な機能であり役立つものです。しかし、ライティングの際に安易にこの検索候補の中からキーワードを選んで記述するだけでは、検索意図とは反れる場合もあるので注意をしましょう。例えば、先ほどの膝痛で検索して来た医薬品で「成分」「特徴」といった検索候補が派生して来ますが、この情報は、まずユーザーが知りたい情報とはいえないことが多くなります。そのため、潜在的な検索意図として扱われるようになります。確かに、膝痛を何とかしたい時に、まず、成分で始めから判断基準にして探すという方は少ないものです。ライティングで、陥りがちなのが潜在的な検索意図を優先しがちになることも珍しくありません。検索意図と潜在的な検索糸の見極めを充分するようにするには、ユーザーが何を知りたくて検索しているのかを念頭に置くようにしましょう。

コツ3、文章の構成で差をつけよう

472301 / Pixabaypmm

分かりやすいタイトルを作る

誰もが、たどり着いたホームページで真っ先に、タイトルを見るのが普通です。このページにどんな内容が書かれているかをまとめて記載されている最も重要な部分ですので、慎重に考える必要があります。だからといって、「膝痛を解消する医薬品の紹介」という在り来たりのタイトルにした場合はいかがでしょうか?確かに、そのページの記事の内容を網羅しているタイトルにはなっているのですが、それがユーザーの心理をうまくつかんでいるかどうかには欠けている気がしませんか?分かりやすいタイトルというのは、インパクトがありユーザーを惹きつけるキャッチコピーのようなものがユーザーの心理をつかみやすくなり読んでもらえるようになります。たとえば、「つらい膝痛を解消できるの?効果があった医薬品ベスト3」というように、具体性を持たせるのが大事です。このように、疑問形にすることでユーザーの気持ちに共感することができるようになります。また、数字を入れるのも効果的な方法でよく用いられています。ユーザーが情報を整理してみることができるのでよりわかりやすい印象を与えるからです。

見出しの工夫

次に重要な部分は、見出しの内容を考えることです。インターネットを利用するときに、1ページの情報量が沢山ある場合に上から下まで順番にじっくりと読んでいくという方はまず居ないでしょう。できるだけ自分が得たい情報へ早く辿り着くことを目指して閲覧しているからです。そのために重要な役割を持っているのが、見出しの決め方です。情報を整理して伝えるためには、ライティングではよりわかりやすい文章を掲載するというのはいうまでもありませんが、見出しを大見出し、小見出しに分けるという構成上の工夫もとても重要な側面を持っているので意識をしてみましょう。

タイトルと本文の整合性

タイトルを見て一目でどんな内容か掲載されるのか間違いなく伝えるようになったとしても、実際に本文を読んだ時にそれが感じられない記事であれば、ユーザーは他のページにすぐに行ってしまいます。それだけ求めていた情報とは違っていたということになるからです。逆に、タイトルと本文の整合性がしっかりとある内容であれば、熟読したり再び見直したりされるページとしてユーザーを引きつける魅力を発信できるようになります。ライティングをする時に、最終的にユーザーが惹きつけられる内容になっているものを書けるようになることが必要とされるものですので、充分に熟慮して全体の構成や内容の不備が無いかも確認するようにしましょう。ユーザーが知りたい情報を分かりやすく提供できることが、ライティングのやりがいであり魅力でもあります。

著者について

wpmaster administrator

コメントを残す