激安の記事代行を依頼し結果を出すコツ

WritingBeats

多くの会社がオウンドメディア・コンテンツマーケティングを勧めている中、社内ではライター確保が難しい、検収ができないといった問題が発生しています。

そのため多くの会社が記事代行サービスを開始して、多くの会社が発注されていると思います。

しかし意外に外注したライティングはうまくいかないと思っている方も、中にはいらっしゃるんではないでしょうか。

ただその理由は本当に見えずらいモノです。明確な誤字などであればすぐ指摘もでき、ライターもすぐに修正が可能です。しかし感覚的に読みづらいなといったことであったり、集客に結びつかないといわれてもライター側としては困ってしまうのです。

なぜならライター自体は、「書くこと」が仕事であり、「納品」することが仕事なのです。しかしお客様側からすれば、「納品」され「集客」に結びつくことが目的なのではないでしょうか。

このギャップが記事代行サービスの失敗を生み出す大きな原因です。

そしてオウンドメディアでSNSのアカウントが強くない場合は基本的にはサイトの力・SEOによっての集客になります。そこへの知識もなければいくら高額の記事代行サービスを頼んでも上手くいかないのです。

今回は記事代行サービスを利用される際の注意点や、実際に私たちが記事代行をお受けする場合のお話をできればと思います。

 

記事代行サービスが激安でできる理由

激安

Alexas_Fotos / Pixabay

Googleは、昨年キュレーションメディア対策として記事データの正確性を高める動きをしています。そのため低単価で多く記事を張っても上手くいかない可能性が高まっています。

そして数か月前は記事の文字量が大切といわれていました。
しかし本質を考えてみると記事の文字量は必要なのでしょうか。
Googleは、今後スマホファーストインデックスといわれるスマホサイトを中心とした検索結果へ変化していくといわれています。

イメージしていただくとわかる通り、長文で長く書かれた文章に対してユーザーは良い反応をするでしょうか。

例えばそれが、物語的にわかって、どんどん楽しく読み進められてしまうものであれば読むかもしれませんが、無駄に同じことが複数回繰り返されているような文章が書かれていたらば、帰ってしまうでしょう。

つまり、長い文章がいいのではなく、必要十分な情報と、分かりやすいコンテンツ作りがもっとも重要といえます。

激安で記事代行ができるサービスで多くあるのが、特定の文字数を書ききるというものです。

そこにはその文章量の理由も、単語数の理由もありません。

なぜなら激安で記事代行を受けようと考えた場合、人が発想し、設計をする時間がとることができないのです。さらにひどいところになると、他のサイトの単語を変換することで、組み合わせ納品しているような会社をしている会社もあるようです。

それはもっと以前のGoogleのルールである「パンダアップデート」というコピーコンテンツに該当してしまうのです。いまでは機械化されているため、Googleのロボットからすれば判別は簡単なことでしょう。

「激安」でやるには、「機械的」に進むしかないのは発注していただくことも分かっていただけると思います。

激安の記事代行でも結果を出すための流れ

記事をつかって、SEOや集客の結果を出すために必要な流れがあります。

それは

  1. キーワード選定
  2. 競合調査
  3. コンテンツ調査
  4. ライティング

この4つの流れです。実は、1、のキーワード選定から4番めのライティングへ飛んでしまっているケースが多く見受けられます。いくらいいキーワードを狙っても、そこで上位表示または拡散されなければ集客はできません。

激安で依頼するには、その2・3をしっかりとクライアント様側で行う必要あります。これが激安で記事代行を発注する際の一番のコツです。

 

記事代行サービスを使うなら継続的に

たまに記事代行サービスをコロコロと変えている会社さんもお見受けします。

そういった会社さんは、さきほどの「激安」を探していたり、最初の「お客様の結果」を求めてるのが極端に短期間の事が多いのです。

これは記事を納品することだけを目的とする記事代行サービスが多いためしょうがないことかもしれませんが、本来SEOで結果を出すには最低でも半年間~1年間は必要になってきます。

こういった知識ももたず、記事をあげれば集客ができるという思い込みが失敗を生みます。

実際記事代行サービスは、最低でも1年間は買えないべきというのが私たちの考え方です。

それは「記事代行サービスで失敗しないための3つの理由」があります。

  1. お客様の魅力を理解するのに、2か月はかかる
  2. 記事がばらつくと、キーワード設定をしても上位表示が厳しい
  3. 結果が見えやすくなる1年間またなければ本来の結果が見えない。

お客様の魅力を理解し記事にするために

私たちが記事をおつくりする際には、かならず半年間以上契約でお願いをしています。

いまどき1記事から受けてくれる会社が多くあるのに、なんで?と思われるかもしれません。

しかしそこには理由があります。

「書くことはできます」しかし「魅力は分かりません」「テイストも分かりません」

これではただの記事納品サービスなのです。

私たちが行いたいのは、「記事代行サービス」です。

代行というからには、お客様になりきって勧めていきたいのです。

弊社のライターはお客様の魅力をしれば面白いと思ったり、分からなければご質問をさせていただきます。

そして初回でおつくりするコンテンツマップに追加をしていきます。

このコンテンツマップがお客様を知り、コンテンツに生かしていく財産になっていくと私たちは考えています。

 

ライターは1人~2人で構成する。

パートナー

geralt / Pixabay

 

クラウドソーシングサービスで無作為に集めた文章がうまく順位がつかないとお悩みの方もいらっしゃると思います。

それは、ライターが変われば変わるほど、言葉遣いというのは異なってきます。

ライターが一定であれば、そこまで単語の使い方や癖が大きく変わることは少ないでしょう。

これは私値の見解ですが、Googleが高度化する中、昔の様にキーワードを分散するだけでは効果がでないと感じています。

以前「キュレーションメディア」が台頭した理由として、様々なライターが書くためキーワードが分散し、様々なロングテールワードを獲得することができました。しかし最近では、そういったロングテールやキーワードの違いだけでは上位表示を成功させることは難しくなっているように感じます。

逆に専属のライターがあえて、そのニーズの違いや前のコンテンツの違いを出しながら書くことによって、重複コンテンツにもなりづらく、上位表示ができるようになっていると感じます。

様々なキーワードを狙いたいからこそ、同じライターに頼むことがお勧めです。

そしてこういった専属性をとることで、お客様の魅力をより伝えやすくなるのも大きなメリットです。

 

3、1年後しっかりとレビューができる関係を

私たちはSEO会社です。だからこそお客様との関係値が最も大切と感じています。

SEOはそもそもGoogleの検索結果に対して行うもので、不明瞭といわれています。それは正しい槍田方をしても結果がでなかったり、逆にブラックな手法をとってもうまくいく場合などもあるからです。

いまの現状をお客様と相談し、サイトの将来を考えていくのがSEO会社なのです。

広告ではない、運用型としてできるSEO、その結果が「記事代行サービス」だったということです。

実際に私たちのお客様は1年以上お取引いただき、初期メディアかつ専門サイトでありながら、月数万PVを集めていくサイトに成長しています。

こういったお客様と長期でお付き合いしていくのが私たちのSugarBeatsのライティング発注サービス「WritingBeats」です。

 

記事代行のWritingBeatsのご紹介

 

WitingBeatsでは大きく分けて3つのパターンでお受けします。

それはコンテンツの組み合わせを予算に合わせてしていただきたいからです。

基本的な記事代行をお願いされたい場合は、Beasicプランがお勧めになります。

1、Premiumプラン:10万円

こちらは記事に合わせたオリジナル動画(1本)・オリジナル画像(2枚)を作成します。動画は、アメリカのSEOなどは有効な手段ともいわれており、さらにYoutubeなどからの流入も確保することできるからです。

2、Basicプラン:1万円

こちらは記事に合わせた画像(2枚)と記事をお付けします。

3、Lightプラン:8000円

こちらは記事だけをご用意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です