電話で相談 メールで相談 チャットで相談
add

SEOとは?SEOについての基礎知識を簡単に解説

SEOという言葉はよく聞くけど、調べてもよく分からない、具体的に何をすればいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

専門的な分野なので難しく思われる方もいるかもしれませんが、検索エンジンの仕組みを知れば、効果的なSEO対策ができるはずです。

この記事では、まず「SEOとはなになのか?」という基本的な疑問から解決します。そして、SEO対策をするとどういった効果があるのか、SEOを知る上で重要な検索エンジンの仕組みなどを初心者にもわかりやすく紹介していきます。それでは見ていきましょう。

 

SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と言われています。

検索エンジンを使い訪問者を増やすためのウェブマーケティング手法であるSEM(Search Engine Marketiong)の中の1つがSEOです。

 

自社サイトを検索上位に表示させるための対策を「SEO対策」と言います。

検索エンジンの仕組みや検索アルゴリズムを知ることによって、具体的にどういった対策をすればいいのかが見えてくるでしょう。

 

SEOの目的 

SEOの目的とは、自社サイトをGoogleなどの検索結果の上位に表示させることによってウェブサイトへの訪問者の流入を増やすというもので、そのための取り組みを「SEO対策」といいます。

SEOはウェブサイト運営をする上ではとても重要な要素で、正しいSEO対策をすれば継続的にウェブサイトへの流入を獲得することができるでしょう。

この章では、SEO対策をするとどんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

 

SEO対策をするとどんなメリットがあるか

リスティング広告はクリック課金式の広告で即効性はありますが、1クリックで消費されてしまいます。そういった広告とは異なり、効果が出るまでに時間はかかるものの、長期的にアクセスを獲得し続けることができるのがSEOの特徴です。

物事を検索してウェブサイトまで辿り着いた人は、「何かを知りたい」「何かを買いたい」などの自分の目的がはっきりしています。ウェブサイトに多くのアクセスを集めたいときには、そういった良質なユーザーを集客できるSEO対策が重要になってくるでしょう。

ここからは、SEO対策をすると実際にどんなメリットがあるのかをご紹介します。

 

  • 継続的に集客できる
  • コンテンツが資産になる
  • ブランディング効果

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

集客UPにつながる

現在はパソコンやスマートフォンも普及し、インターネットと検索エンジンの使用率はとても高くなっています。

SEO対策をして自社サイトを検索上位に表示させることができれば、興味を持っている多くの人の目に止まり、集客UPにつながります。

 

継続的に集客できる

SEOの特徴は継続的に集客をし続けることができるということです。

ウェブマーケティング手法であるSEMの中でも比較されることの多いリスティング広告と比べてみましょう。

リスティング広告とはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンに広告費を払い、検索結果の上位に表示させるというものです。

SEO リスティング広告
費用 外注は有料、内製する場合は無料 有料(Googleに支払う広告費)
反映スピード 検索結果上位になるまで時間がかかる 即効性がある
持続性 検索結果に表示され続ける 広告を出すのをやめればアクセスはなくなる

 

何か購入しようと思ったときに、まずインターネットで口コミや評判を検索することはありませんか?ユーザーの多くは、消費行動を起こす前にインターネット検索で物事を調べる傾向があります。

検索をしてコンテンツにたどり着くユーザーはもともと興味を持っていたり、解決したいと思っていることがあるユーザーなので、効率よく継続的な集客ができます。

そういったニーズに応えるということを意識し、良質な記事やコンテンツを作るようにしましょう。

 

コンテンツが資産になる

前述したリスティング広告は1クリックで消費されてしまいますが、SEO対策はクリック課金や表示回数での課金はありません。また、「コンテンツが資産になる」というメリットがあります。

SEO対策は、定期的なメンテナンスやコンテンツを充実させることが重要です。コンテンツが充実していると企業への信頼にもつながりますし、一度上位に表示されるようになると長期的な検索流入を生み出すでしょう。

契約形態にもよりますが、SEO業者と契約をしてコンテンツを作ったとしても、一度自社サイトに出稿したものはSEO業者と契約解除しても企業の手元に残すことができます。外注する場合は契約携帯にも注意してみてください。

ユーザーのニーズに応えるために取り組んだ行為が、そのままサイトに資産として残るのが大きなメリットと言えるでしょう。

 

ブランディング効果

SEO対策は、良質なコンテンツを作ることが重要です。良質なコンテンツを作成していくことで、自社のブランディングが明確になっていきます。

ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業や組織のマーケティング戦略の1つです。

ウェブサイトを見ると、それぞれの企業ごとにデザインやコンテンツなどさまざまな特色がありますよね。SEO対策として良質なコンテンツを充実させることで、結果的に自社のブランディング効果にもなるのです。

 

SEO対策のデメリット

SEO対策にはデメリットも存在します。

 

  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 内製の場合は制作体制の構築が難しい

 

デメリットとしては主に上記のようなものがあり、早く成果を出したい方や、SEO対策に割く時間がないという場合には他の方法を取った方が良いかもしれません。デメリットも詳しく見ていきましょう。

 

成果が出るまでに時間がかかる

SEO対策に重要なのは質の高いコンテンツを作成することや、定期的にコンテンツを更新していくことです。SEO対策は長期的に取り組むことで成果が出るものなので、実際に成果が出るまでには時間がかかってしまいます。

コンテンツ作りの期間から、コンテンツがアップロードされアクセスを集める期間、アクセス安定期間と見ていくと、最低でも半年から1年ほどの期間がかかるでしょう。短期間で成果を出したいと考えている方にはデメリットとなります。

 

定期的なメンテナンスが必要

SEO対策の成果が出て検索結果が上位になったとしても、定期的な更新やメンテナンスをしないと検索結果を上位のまま保つことはできません。

SEO対策は定期的な更新や、その時々の検索アルゴリズムに合わせて内容を変更することでサイトの質が高まり、それが効果として出るものなので、長期的にメンテナンスを続けることが必要です。

検索アルゴリズムについては、下記で詳しく紹介していきます。

 

内製の場合は制作体制の構築が大変

SEO対策をする際には、「内製」と「外注」で制作する方法があります。

内製は企業に所属するライターなどがコンテンツを制作することになりますが、ライターが居なかったり、正しい知識を持った人が居ないという場合もあるでしょう。

内製の場合は、外注費の削減やノウハウが社内に残るというメリットがありますが、新しく制作体制を作るのが大変で時間がかかるというデメリットもあります。

 

「Googleが掲げる10の事実」からSEOを考える

Googleは世界でも圧倒的なシェア率を誇っており、その理由は精度の高い検索アルゴリズムにあります。そのGoogleでSEO対策を行い、検索結果上位に表示させることは、ウェブ集客および事業成長の鍵となるでしょう。

 

そこで、この章では「Googleが掲げる10の事実」についてご紹介します。

「Googleが掲げる10の事実」とはGoogleの企業理念のようなもので、SEOを考える上でとても重要です。

「Googleが掲げる10の事実」

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境をこえる。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。

参考:「Googleが掲げる10の事実」

 

Googleはこの「10の事実」を随時見直して事実に変わりがないかどうかを確認しており、「10の事実」に基づいたサービスを提供しています。

この「10の事実」をSEOの面で考えると、

 

「SEO面で考える10の事実」

  1. ユーザーに焦点を絞ることでコンテンツの専門性が高まり、Googleから評価される質の高いサイトになる。
  2. 専門性の高い記事が評価されやすい。
  3. サイトの更新が遅れたり、動作が遅いなどのユーザビリティの悪いサイト、ユーザーへの対応が遅いよりは、全てにおいて速く対応した方がいい。
  4. 被リンクが多いサイトがSEO的に評価されやすく、購入したリンクなどは高く評価はされない。ウェブ上で民主主義を機能させるには、ユーザーにとって価値のある情報を届けることにつながる。
  5. スマートフォンやタブレットの普及により、いつどこからでもネットを使えるようになったので、多くの端末や媒体からユーザーを集める必要がある。
  6. Googleは悪質なサイトを認めていないので、違法な対策をするとペナルティを受ける可能性がある。リスクの高い方法を使わず、真面目にサイトを運営していれば結果がついてくる。
  7. 情報があふれた現代では、新しいものやユーザーが求めているものを提供し続けることが重要。
  8. 海外からの需要も考え、より多くのユーザーを獲得できるようなコンテンツを作る。
  9. スーツを着なくても、発想や行動が重要。
  10. 「すばらしい」で終わらせず、その先どうするかを考え続けることが重要。

 

こういった捉え方ができるのではないでしょうか。

捉え方は人それぞれですが、「10の事実」をしっかり理解すれば適切なSEO対策につながっていくでしょう。

 

Googleのペナルティとは?

誤ったSEO対策をしてしまうと、Googleのペナルティを受ける可能性があります。質の悪いSEO対策はペナルティの原因となることがあるので、良質なコンテンツを作るということを意識しましょう。

ペナルティの対象となる原因を探るには、「Google Search Console」が便利です。

ペナルティを受けると検索順位を下げられたり、最悪の場合はウェブサイトごと削除されてしまうという恐れがあります。

では、どんなことをするとペナルティの対象になってしまうのでしょうか。ここからはペナルティの原因となるものをご紹介します。

 

コピーコンテンツ(重複コンテンツ)

コピーコンテンツ(重複コンテンツ)とは、名前の通り他のサイトやコンテンツと同じ内容のものを指します。

コピーコンテンツとみなされると、重複したサイトと同時に検索結果に表示はされず、いくら作っても成果は出ず無駄に終わってしまいます。

しかし、インターネット上には膨大な情報があふれているので、似たような内容になってしまうのは仕方がありません。そこで、Googleでは容認しているコピーコンテンツもあります。

 

  • 他サイトの文章を引用し、参照サイトのURLを記載する。
  • 同じ情報でも類似率が60%未満の範囲で、構成・文章・言い回しが違う。
  • 他サイトの内容を元に補足や修正がされている。

 

こういったものは容認されているので、絶対にコピーは禁止という訳ではありません。

しかし、全く同じ内容で引用先URLを記載しない悪質なコンテンツや、類似率が60%以上のものには注意が必要です。

類似率が不安な場合には、重複コンテンツや類似率をチェックする判定ツールでチェックしましょう。

 

コンテンツが同一ドメイン内で重複する

上記のコピーコンテンツの中でも記述しましたが、他サイトとの重複はもちろん、同一ドメイン内でコンテンツが重複することもコピーコンテンツと判断されるので注意が必要です。

また、盲点になりがちなコピーコンテンツはこういったものです。

 

  • wwwの有無や自動的に生成されてしまうページ
  • 定型文でできているページ
  • 印刷用ページ

 

内容が同じなのにURLが重複しているものは1つにまとめてURL正規化(正しいURLを検索エンジンに伝える作業)をしましょう。

多くのコンテンツを作成していくと、いつの間にか似たようなコンテンツを制作してしまう場合もあるので注意してください。

 

質の悪い被リンクを放置する

被リンクとは、外部のウェブサイトに貼られた自分のウェブサイトへのリンクのことです。

これは「外部リンク」や「バックリンク」とも言い、質のいい外部リンクを増やすことでSEOが評価され検索順位が上がるというメリットもありますが、検索順位を上げるにはリンク内容の質が重要です。

質の悪い外部リンクがあるとペナルティの対象になることがあるので、その場合は早めの対策が必要となります。

質の悪いSEO対策は「ブラックハットSEO」と呼ばれ、隠しテキストや隠しリンクを作ったり、キーワードを不自然に詰め込んだ文章を作るというものです。

こういった質の悪い被リンクがある場合は、すぐにリンクしているサイトに、リンクを消してもらえないか問い合わせをしましょう。それが出来ない場合は「Google Search Console」を使って、質の悪い外部リンクを「否認」することができます。

 

タイトルタグ・ディスクリプションの重複

タイトルタグは検索した際に表示されるタイトルで、コンテンツの内容を簡潔に示すものです。ディスクリプションは、タイトルの下に表示されるコンテンツの内容を簡潔に説明する文章となっています。

この2つは検索結果にも影響する重要なタグなので、他サイトからコピーしてきたり、同一ドメイン内でうっかり同じタイトルで記事を投稿しないよう注意しましょう。

 

検索エンジンの仕組み

有効なSEO対策をするにはその仕組みを知ることも重要です。

Googleの検索エンジンが検索順位を決めるまでには、3つのステップがあります。

サイトを公開してから、実際に検索結果に表示されるまでの流れを詳しく見ていきましょう。

 

クローリング

クローリングとは、Googleがあなたのサイトを発見するまでの流れのことを指し、クローラーにサイトの存在を発見してもらうことがSEOの最初のポイントとなっています。

ウェブ上にはクローラーと呼ばれる検索エンジンのロボットが巡回しており、ウェブサイトの情報を集めようとしています。このクローラーがあなたのサイトに回ってきた時に、検索エンジンは初めてサイトの存在を知るのです。

良質なコンテンツを作ればクローラーが何度も巡回しようとするので、コンテンツ内容が正確に評価されます。

 

クローリングの巡回を促すには、内部対策も重要です。

内部対策とは、自社サイトの内部で行うSEO対策のこと。タグやサイトの構造など、サイトの基礎をつくるものとなります。

クローリングの巡回を促すために内部対策としてできる対策は下記のようなものがあります。

 

  • XMLサイトマップを作る

サイトマップはユーザビリティの向上はもちろん、あるかないかでクローラーの巡回の回ってきやすさにも関係します。

  • 内部リンクを最適化する

内部リンクは、メディア内の関係性の高いコンテンツ同士をリンクでつなげること。内部リンクがあることによってクローラーがサイト内を巡回しやすくなるというメリットがあります。

  • パンくずリストを設置する

パンくずリストは内部リンクのひとつで、今ユーザーがどこにいるのかサイトの現在地を示したものです。実際にサイトを見るひとのユーザビリティと同様に、クローラーがサイトを読み込む際にもパンくずリストがあると、うまく読み取ってくれるのです。

  • SSLを適用する

SSL(Secure Sockets Layer)とは、WebサイトのURLをhttp→httpsに暗号化することです。SSLを適用していないと、個人情報やデータを盗まれるというリスクがありますし、ユーザー保護の観点からGoogleの検索評価も下がってしまいます。

  • robots.txtを設置する

robots.txtとは、指定したページを検索エンジンがクロールしないように制御するファイルのことです。これにより「コンテンツが同一ドメイン内で重複する

」の項目で紹介したような、システム上やむを得ず自動で生成されてしまう重複ページなどクロールする必要のないページをクロール制限することができます。

 

被リンクなどの外部対策と違い、内部対策は自分の努力次第でコントロール可能な対策です。ページ数が増えるごとに、内部リンクの最適化やパンくずリストの設置など、できる内部対策が増えていくのでチェックしていきましょう。

 

インデックス

インデックスとは、クローラーが集めたウェブサイトの情報をデータベースに登録することを指します。

人間が実際に見やすい、見にくいものがあるように、検索エンジンも読みやすく良質なウェブサイトを評価します。

検索エンジンはインデックスされた情報を元に検索結果の順位を決めるので、ウェブサイト全体を検索エンジンからみて読みやすいように構成しましょう。

 

ランキング

ランキングとは、インデックスされたウェブサイトを分析し、それぞれのページの表示順位を決めることを指します。

Googleのランキングロボットは、キーワードとコンテンツの関連性やキーワード密度など200項目以上の要素から総合的に順位を決定しており、やはりここでも良質なコンテンツを作成することが重要です。

この検索順位決定要素のことをアルゴリズムといい、これもSEO対策をする上で重要なものです。アルゴリズムについては、下記の項目で解説します。

 

検索アルゴリズムとは

検索アルゴリズムとはキーワードを入力して検索した際に、ウェブサイトの内容や関連性を評価してランクをつけ、検索結果の表示順位を決めるプログラムのことを指します。

ユーザーによりよい検索結果を表示するために、Googleの検索エンジンは常時アップデートされているのです。

 

検索アルゴリズムの関連要素

ウェブサイトの関連性やコンテンツの質を適切に評価して、その表示順位を決める検索アルゴリズムですが、SEO対策にとって最も注目すべき重要な要素です。

検索アルゴリズムとは具体的にどういった基準や要素によって検索結果の順位を決定しているのでしょうか。

検索アルゴリズムの関連要素には、主にこういったものがあります。

 

  • 検索意図の把握
  • 検索キーワードとウェブページの関連性
  • コンテンツの品質
  • ユーザビリティ

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

検索意図の把握

検索意図とは、ユーザーが検索エンジンを使用して何かを検索する際の目的のことを指し、SEOは検索意図を意識して対策することが重要です。

人が何かを検索しようとする時には、必ず目的があります。

 

  • Knowクエリ:何かについて知りたい時。
  • Doクエリ:何かをしたい時。
  • Goクエリ:どこかに行きたい時。
  • Buyクエリ:何かを買いたい時。

 

SEOでは、キーワードを上記の4つの単語に分類し、適切な記事・コンテンツを作っていきます。

4つの目的の意図を正確に捉えてユーザーのニーズに合う質のいいコンテンツを提供することで、Googleの検索結果の順位にも関係していくのです。

 

検索キーワードとウェブページの関連性

検索アルゴリズムは、検索したキーワードと関連性のあるページを優先的に表示します。

検索キーワードにどのくらいマッチした情報が含まれているかを検索アルゴリズムが判断するので、検索結果の順位決定にも影響していきます。

上位記事のh1見出しや共起語(キーワードと一緒に使われることの多い言葉)、サジェスト(検索エンジンから自動的に表示されるキーワード)などを参考にしてキーワードを適切に入れることを意識し、キーワードに沿ったコンテンツを作るようにしましょう。

 

コンテンツの品質

質のいいコンテンツを作ることがSEO対策の基本ということをこれまでもお話しましたが、検索アルゴリズムに合わせてSEO対策・コンテンツ制作をすることが大切です。

Googleには「E-A-T」という品質評価ガイドラインが存在しており、このガイドラインに沿ったコンテンツを作るようにしましょう。

「E-A-T」は、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の略で、コンテンツの品質を評価する際に重要な3つの概念です。

「E-A-T」を意識したコンテンツを作ることでGoogleからの評価も上がりますし、ユーザ側からも安心できる満足度の高いコンテンツにつながるでしょう。

 

「E-A-T」を意識した対策には、主にこういったものがあります。

Expertise(専門性) 特定のジャンルに特化する、専門家に取材して専門知識の質を高める など
Authoritativeness(権威性) 誰が発信しているのか分かるよう著者名・運営会社名を開示する、著名なサイトからの被リンクを貰う など
Trustworthiness(信頼性) 著者名・運営会社名の他、さらに詳しい情報も開示する など

専門性、権威性、信頼性を意識し、品質の高いコンテンツ作りをしていきましょう。

 

ユーザビリティ

ユーザビリティとは、サイトの使いやすさのことを指します。

現在はパソコン以外にもスマートフォンやタブレットなどさまざまな端末があるので、デバイスが違っても快適に観覧できるように気を付けましょう。また、ページの読み込み速度も重要視されています。ユーザーがストレスなく目的を達成することができるようなコンテンツを作ることを意識しましょう。

 

検索エンジンの上位に表示させるには(SEO対策をするには)

検索アルゴリズムの仕組みなど、検索エンジンについてはよく分かったのではないでしょうか。それでは、実際に検索結果の上位にウェブサイトを表示させるにはどういった対策をしていけばいいのでしょうか。

 

  • h1タグを最適化
  • TD(タイトル&ディスクリプション)
  • 被リンクを増やす
  • 過去の記事も見直す

 

具体的にはこういったものがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

h1タグを最適化

「hタグ」とは「見出し」のことで、SEOにおいてとても大切な要素です。

hタグは「h1」から「h6」まであり、数字が少ない順で重要になっているので「h1」を最適化すると検索エンジンに認識させるためのポイントになります。

h1タグの最適化としては、

  • 文字数は長いほどキーワードが薄まってしまうので30〜60文字程度で簡潔にする。
  • 検索エンジンで上位表示させたいキーワードを1〜3個入れる。
  • h1タグから順番に使う。(突然h2から使ったりしない)

こういったものがあります。h1は記事の「大見出し」として使うものなので、見やすく簡潔に、正しい順番で使用しましょう。

 

TD(タイトル&ディスクリプション)

TDとは、title(タイトル)&description(ディスクリプション)の略称であり、広告文のタイトルと説明文のことを指します。

タイトルは名前の通り表題や題名のことを指し、ディスクリプションはWebサイトの概要文・説明文のことを指します。

タイトルは検索して1番最初に目に入るものなので、ウェブサイトの内容が分かりやすいよう簡潔にし、興味をそそられるようなものにしましょう。

タイトル内に適切なキーワードが入っているか、各ページに固有のページタイトルが設定されているかなど、titleタグ内の文章次第で検索順位は大きく変動するのです。

ディスクリプションは直接的にSEOに与える影響はないとされていますが、ディスクリプションが分かりやすい文章だと自分が欲しい情報があるかどうか一目でわかるので、クリック率を上げるための重要な役割をしてくれます。

 

被リンクを増やす

被リンクについてはGoogleのペナルティの章でも紹介しましたが、悪質な被リンクがあるとペナルティの対象になり、良質な被リンクを獲得したページは検索エンジンから高く評価されます。良質な被リンクが多ければ多いほどに、大きなSEO効果が得ることができるのです。

検索エンジンに評価されるのはナチュラルリンクと呼ばれる「自然発生した被リンク」だけなので、良質な被リンクを得るためには紹介したいと思われるような質の高いコンテンツを作成するのが大切です。

また、その被リンク元となるサイトが関連性の高いサイトや著名なサイトであると、検索エンジンはその被リンクをより高く評価します。

 

過去の記事も見直す

検索エンジン上位に表示させるにはサイトの更新も大切ですが、過去の記事を見直してリライトすることも重要です。

ユーザーが検索しているキーワードが多いものを過去の記事に入れ込んだり、カテゴリーの変更、文章を最新の情報に直すなど、ユーザーの興味を引くようなものに修正しましょう。

関連性の高い記事同士を内部リンクで結ぶのもSEO対策として優れています。

 

SEO対策はSugarBeatsにお任せください

 SEO対策のデメリットとして、「内製の場合は制作体制の構築が大変」という項目がありましたが、内製が難しい場合は専門知識を持ったSEO業者への外注をおすすめします。

SugarBeatsでは幅広いSEO対策を行っており、ホームページ制作からウェブ集客までマーケティングを一気通貫でフォローいたします。

まずはご相談から、お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

今回はウェブマーケティングをする上で最も重要な「SEO」についてご紹介しました。

SEOとはなんなのかという疑問から、実際にSEO対策をする上で大切なこと、やってはいけないことなど、SEOについての基本が分かったのではないでしょうか。

正しい知識を持って適切なSEO対策をすれば、長期に渡りたくさんの集客を集めることができます。

Sugarbeatsではこの他にもSEOに関しての記事を更新しているので、ぜひ参考にしてみてください。