著者アーカイブ wpmaster

著者:wpmaster

パスワードを忘れる!そんなうっかりに、パスワード管理ツール・アプリ比較

パスワードを忘れやすい!!!

毎回、毎回、パスワードの再発行をして、また忘れて、ということを繰り返してませんか?

そして最終的には、登録したメールアドレスも増えていって、どれがどれだか分からない!!

そんなうっかり、ありますよね!私がそうです。

ただ、ここからが要注意!!

「絶対、パスワードを同じにしてはいけません!!」

※この理由は後ほど。

そして「パスワード管理ツール」「パスワード管理アプリ」を使いましょう!

今回は、うっかりパスワードを忘れやすい方にお届けする、

パスワード管理ツール・パスワード管理アプリの総合比較をしていきたいと思います。

続きを読む

著者:wpmaster

古いデザインを改修したい!サイトリニューアル成功への考え方

ホームページリニューアルにあたって、一番の理由としてあげられやすいのが、

「古いデザインをなんとかしたい」

というご要望です。特に作ってから、5年以上たってくると、ホームページのデザインは大きく変わります。それは、流行りの部分もありますし、ホームページを構築するにあたって必要なcssの進化によるものもあります。

しかしそれだけの理由でホームページリニューアルをすることは意味があるのでしょうか。

本当に、あなたのホームページが集客につながっていないのは、「デザインが古いから?

今回は、ホームページリニューアルのデザイン面について考えていきたいと思います。

続きを読む

著者:wpmaster

GMO「SKUID・スクイド」!登録・申し込みから使用感までの評判

仕事でも、プライベートでもネットのサービスやツールを多く使いすぎてわからなくなる、パスワードが分からなくなるという方。

誰がどのアカウントを使っているのかが管理しづらくなって困るという、会社だと総務・システム管理部門の方は多いと思います。

そういったときに便利なツールとして体験してみたのが、GMOグローバルサイン社が出している「SKUID(スクイド)」というサービスです。

 

もちろんパソコンやアプリなどではパスワード管理ツールというのは、様々出ています。

アプリなどでは「1Password」などを使っている方も多いのでは。

 

しかし法人として、ユーザーを設定し管理するとなると、セキュリティ面やサポート体制なども気になるところです。

そして経営者の方であればその導入コスト。

 

今回はさんざん会社のツール管理・パスワード管理に悩んだあげくにたどり着いた、このサービスをまとめます。

 

率直な評価と感想をツールを使うまで悩んでいたこと、そして実際の使い方、使ってみた

という流れで、SKUIDをまとめてみました。

 

続きを読む

著者:wpmaster

長い文章を書く際のコツ!まとまりのあるライティングへ

ライティングで求められている文字数は、短いもので500文字程度、一般的には1000文字から3000文字、長文となれば5000文字を超えるものまであります。何となくイメージだけで書き始めてしまうと、途中でバランスが悪くなりがちです。長い文章でも苦にならずに書き続けることが出来て、文章としてもまとまりを持たせるためには、一定のコツがあります。
続きを読む

著者:wpmaster

初めてのライティングでも安心!初心者から始める3つのコツ

ライティングは、副業で稼ぎたい方、空き時間を有効利用したい方、また、ライターとして本業を目指す方など様々な目的で挑戦されるものです。

私たちもコンテンツ制作の一環として、記事代行サービスを行っています。

そこでこれからライティングをこれから始める方に、そもそもどんなものなのか、また、初めての方でも知っておきたいどんなコツがあるのかを3つにわけてご紹介します。

続きを読む

著者:wpmaster

激安の記事代行を依頼し結果を出すコツ

多くの会社がオウンドメディア・コンテンツマーケティングを勧めている中、社内ではライター確保が難しい、検収ができないといった問題が発生しています。

そのため多くの会社が記事代行サービスを開始して、多くの会社が発注されていると思います。

しかし意外に外注したライティングはうまくいかないと思っている方も、中にはいらっしゃるんではないでしょうか。

続きを読む

著者:wpmaster

仕事や普段の『ありがとう』を伝えるのにちょっと便利なソーシャルギフトサービスgiftee

スクリーンショット 2015 11 18 20 50 29

誰かにちょっとした感謝の気持ちを伝えたい時ってありませんか? 例えば、仕事上で物を借りた・ 何かを教えてもらった・自分のミスをフォローしてくれた・ちょっとしたお祝い事だったり……色々ありますよね?

今回紹介するソーシャルギフトサービス『giftee』はそういった時に超使えるサービスです! 是非gifteeを使ってちょっとした感謝を伝えちゃいましょう!

giftee

サービスURLhttps://giftee.co/

giftee(ギフティ)とは

gifteeは、小さな感謝の気持ちと一緒に、 メールやLINEなどで気軽にギフトを送れるサービスです。

日頃のありがとうを伝える時など、思い立ったときすぐに贈れる カジュアルギフトを取り揃えています。こんなサービスです、スターバックスの500円分チケットや、ローソンなどのコーヒー1杯分(100円〜)のギフトを贈ることができるサービスです。 感謝の気持ちであまり高価なものを贈ると、もらった相手も正直恐縮しちゃいますし、何よりやりすぎと逆効果です。 ちゃんとした時はそれなりのものを贈るべきですが、普段の何気ない時にはこのgifteeはとても便利です!

gifteeの使い方と送り方

まずはサイトにアクセスします。

スクリーンショット 2015 11 19 14 41 41

今回はローソンのMACHI cafeを選択しました。

すると商品ページにいきます。

Gifty03

このMACHI cafeは二つのコースから選べるので、どちらかを選んで選択します。

Gifty03

選択すると次はメッセージカードを作る画面に遷移します。

Gifty04

100文字までメッセージが入れられるので、例えばこんなメッセージを入れてみてはいかがでしょう?

友達には 『昨日はありがとうね〜! 教えてくれて助かったよー』

仕事だったら 『打ち合わせありがとうございました。良かったらコチラでも飲んで一息ついちゃってください^^』

『資料作成手伝ってくれて、ありがとう。この御礼はまたするけど、取りあえずコレは感謝の気持ちです』

プライベートでも 『疲れてない? あんまり無理するなよー! お互い無理しすぎないで頑張ろうな』

などなど、色々なシーンで対応することが可能です。 奥さんや彼女に贈ってあげるのも嬉しいと思います!

メッセージカードのデザインは豊富な種類から選択が可能です

Gifty05

このくらいの種類があれば、まず足りないことはないと思います! (無難なものにしておけば、外さないです笑)

Gifty06

カードを選んだあとは決済をします。

スクリーンショット 2015 11 19 15 00 01

決済方法は3種類あります クレジットカードを登録しておくと便利ですね。

Gifty07

あとはオーダーを確定します。

スクリーンショット 2015 11 19 15 04 50

URLを直接送るか、Facebook・Twitterで贈るか選択出来ます。

URLだけをコピーできますので、コピーしてLINEで贈るのもOKですよ^^

スクリーンショット 2015 11 19 15 05 05

贈られてきた方はURLにアクセスすれば、どの様に使用するか書いてありますので、迷うことはないと思います。もし使用の方法が分からないという方には店員に確認してもらえばOKです。

イメージ画像

スクリーンショット 2015 11 19 15 21 14

giftee内おすすめのギフト

まずなんといっても ローソンのMACHI cafe!

値段お手頃でもらった相手にも気を使わせないですみます。

スクリーンショット 2015 11 19 15 11 20

スターバックスの500円分チケットも外せないですね! 大体一杯分ですが、足りない分はちょっとだけ差額を出してもらえばOKです!笑 男女ともに喜ばれるギフトですね!

スクリーンショット 2015 11 19 15 12 12

女の子に贈るならロクシタンのハンドクリームも結構鉄板だと思います。 好みがあったりするので、無難にいきたい時はカフェチケットにしましょう!笑

スクリーンショット 2015 11 19 15 18 25

いかがでしたか?

ちょっとした感謝の気持ちを伝えたい時に使える『giftee』を是非活用してみてくださいね! 少し疎遠になってしまっている人や中々素直に感謝が伝えられない人、恋人に贈ってみるのにもバッチリです! 感謝は伝えないと伝わないので、気持ちをギフトと一緒に贈ってみましょう!

最後に、このサービスはもらって嬉しいのと、使う時に確実に相手のことを思い出すがポイントです。 僕は初めてスターバックスのチケットをもらって、お店で使ったときすごく新鮮な体験だったのを覚えています。もらったとき、使った時2回感謝しました笑

というわけで、『giftee』の紹介でしたー!

サービスURL:https://giftee.co/

著者:wpmaster

中小零細企業でも個人事業主でも大切なネット集客

ホームページは作ってみたけど、スタッフは皆忙しそうで仕事とするのは難しそう。

ただ外部の会社にお金を払うにしても、そこまで大きな予算はかけられない。

こういった悩みをお持ちの中小企業零細企業の経営者の方は多いのではないでしょうか。

しかし、それは勿体無いことです!中小企業や零細企業、そして個人事業主の方でも成功できるチャンスがあるのがインターネットです。

インターネットはもともと予算をかけなくても十分集客力を作り上げることができるのがメリットなんです。

今回は、中小企業・零細企業・個人事業主といった少人数・低予算でも集客が十分できる理由とおすすめのホームページ集客方法をお伝えしていきたいと思います。

なぜ、少人数・低予算でもインターネットなら勝てるのか?

まずインターネット集客=お金がかかるという考え方を捨ててください。

それはインターネット広告はお金がかかり続けるので、そのイメージがついてしまっているのです。

現在インターネット集客が大きく変化しています。

以前は大手が運営するポータルサイトや、通販サイトが人気でした。

しかし最近では、「インスタグラマー」「ユーチューバー」や「人気ブロガー」など様々な形で、一人の個人が有名になっているのはご存知だと思います。

これはインターネット集客のお手伝いをしている私たちからしても、大きな変化といえます。

インターネットはもともと、個人の自由な場所や、会社のホームページの置き場として考えられていた面があります。

つまり名刺や箱といったイメージでした。そして集客をするのには、その箱をいかに大きくして、名刺をいかに配り歩くのか?

この部分をかんがえれば良かったのです。

つまり大手がシステムをいれて大量のページを生成しやすい状況をつくり、それを広告費をつかっ
拡散する。

もちろんシステムの作り込みや使いやすさ、そして適切な広告管理は重要な要素です。

しかし現在サイトを作るにしても会社独自で毎回システム構築をする必要はほとんどなくなりました。無料でかつ簡単にサイトの更新作業ができるWordpressを使い、プラグインといわれる追加機能をいれられるものを使えばほとんどの要件や必要物は揃ってしまうのです。

広告管理をするにしても、ほとんどがごGoogleAnalyticsというGoogleの無料アクセス解析を使えばほとんどのことができてしまいます。

そうなった現在だからこそ、いま起きている変化が発生しているのです。

しかしそういった方達は、人気が出る前に広告費用や宣伝費用を払って話題性を作り人気になっていったのでしょうか?

答えは「No」です。

それでは、もしかして誰でも人気になって集客力がある人になれるのか?

それも答えは「No」です。

なぜあなたは、インターネット集客ができないのか?

なぜ、インターネット集客がうまくいっていないのでしょうか。

広告予算をとり、プロのコンサルタントに頼み、様々な集客ツールも入れてみた。

しかしうまくいかない。

それが、先ほどお伝えした、にんきになって人気に集客力がある人になれない理由につながります。

最初にお伝えしたとおり、「インターネットは、誰でも誰にでも集客チャンスがある場所」です。

しかし勝負の仕方が大切なのです。

先ほどの広告は予算や、コンサルタントへの依頼、集客ツール、どれもインターネット集客には役立つものです。

ただそれは、「大手」でもできる戦い方です。

「大手でもできる戦い方」=余裕のある人数・圧倒的広告予算

ここと真っ向勝負を挑んで勝つことができるでしょうか。

そうです。
中小企業・零細企業・個人事業主の方でいわゆるその業界1位のところに勝つのは難しいでしょう。

それは、私たち自身もインターネット業界において、弱小であり、少人数組織だからわかることです。

それでも今本当にインターネットで人気がある人たちは、大手の組織ではなく「1人の個」です。

さきほどの「インスタグラマー」「ユーチューバー」「ブロガー」のかたはもちろん法人化して組織化している人もいます。

しかしそれは、ご自身が有名になってからでしょう。

なぜ、広告予算も持っていない、労働力ももっていない「個」が有名になっていくのでしょうか。

それは人気が出ていて集客力がある人たちは、「更新」「運営」「ブランディング」をしっかりと考えている人たちだったからといえます。

つまり個人事業主の方でも少人数企業の方でも、この3つができれば集客へ成功するチャンスがあるのです。

まずはサイト・SNSの制作から考えていきましょう。

私たちSugarBeatsが考えるのは、将来像に向けた制作です。

まず少人数で運営するにあたって、すべてのことを行うのは大変なことです。

最初は、勢いもあり、意気込みもあるでしょう。

そのためなんでもかんでも作っていく方もいらっしゃいますし、それに乗って多額の制作費を取る制作会社も多くいます。

しかし最初んはミニマムスタートがおすすめです。

なぜならインターネット集客のなかで先ほどあげた「更新」「運営」「ブランディング」これで集客をあげていくのには時間がかかります。

もちろんその期間的なスパンの間に広告費をかけ、集客を早めることはできますが、そこに頼っては永続的に費用を捻出しなければいけなくなります。

そして様々なものを最初に作ってしまうと、全てに広告費をかけていきたくなるのが人間です

そうなってしまうと広告費が分散することで、結果どれも集客ができない状況をになってしまうのです。

ブランディング・コンセプトの作りこみ

まず制作を始める前に、どのような強みがあり、どのような特徴があるのかを明確にしなければいけません。

特に起業したばかりのベンチャー企業と、いわゆる地元の老舗企業では大きく異なります。

例えば、地元に配るチラシなどを行っていた場合、サイトのイメージなどと整合性が取れなければきたユーザーは違和感を覚えてしまうでしょう。

また高品質・高単価のサービスをやっているのにも関わらず、サイトがこてこての安売りサイトのようになっていてはユーザーは納得しません。

つまり求めているお客様との合致をしなければ、結果いくら見た目がいいホームページができ、集客を順調に伸ばしたとしても、実際の問い合わせにはつながりづらくなってしまいます。

そこで大切なのが、「ブランディングコンセプト」の作りこみです。

まずは、どのような競合がいて、どのようなサイトがどのような集客をしているのかを調べます。

そしてそこに対して、どのような設定で勝負をするのかを確かめていきます。

またこのあと制作や運用の部分でお伝えしていきますが、集客に対してどのようにアプローチをしていくのかを決めます。

例えば、社内スタッフの方が更新するブログでの発言や、SNSでの発言を設定します。

最初にこの部分を固めてしまえば、例えば人が変わって運用する際も方向性が大きくずれるといったことは少なくなるでしょう。

結果、「ユーザー」と「ブランド」がマッチすることで、将来的なインターネット集客はうまくいきやすくなることでしょう。

 

ホームページ集客に必要なサイト製作費の相場と考え方

初めて集客を前提にした制作をするのであれば、20万〜50万程度の制作費を考えておきましょう。

最近ではテンプレートを使うことで、10万円~20万円という激安のホームページ制作会社も増えています。

そのすべてが悪いわけではないですが、この費用であればほとんど人の時間を使うことは難しくなります。

つまり、下のような必須のページだけを作るだけで終わってしまうということです。

  1. Topページ
  2. 会社概要
  3. サービスページ
  4. お問合せ

しかしこれだけあれば、十分というわけではありません。

例えば、会社として行っているサービスは1つの場合もあれば複数の場合もあります。

そして顧客を対象にする商圏についても、1地域もあれば複数地域の場合もあります。

地域も違い、商圏も違うのであれば本来は別なページを用意してあげなければいけません。

こういったお客様に対して、どのように集客を行うのかを考える時間が予算に大きくかかわってくるのです。

サイトの運用とSNSの運用「ネットに情報を発信しよう!」

多くの方の中には、ホームページを持つこと、SNSを持つことでインターネット上で情報発信をできていると思われているかたもいらっしゃいます。

しかし実際はそれだけでは情報発信できているとはいえません。

ネットはあくまで、実際の世界でいう町と変わりません。

つまり町のなかに、家や事務所を構えただけです。

 

その構えたサイトからどんどん情報発信を行っていきましょう。

よくホームページは難しいといった声や、SNSはわからないといった声をお聞きします。

大丈夫です。そこは運用のプロがお手伝いをします。

 

 

著者:wpmaster

オウンドメディアの効果を出すために必要なこと

オウンドメディアを始めてみたけど、いまいち効果がでない。

オウンドメディア初めて作るから、効果を出したい。

そう思うのは、オウンドメディアをやるなら当然のことですよね。

ただ、オウンドメディアという言葉だけが広がっているため実際にその効果はどこにあるのか?

そして集客の効果を最大化するにはどうすればいいのかがわからないかたも多いと思います。

今回は、「オウンドメディアの効果と最大化」をテーマに書いていきたいと思います。

 

続きを読む