カテゴリーアーカイブ Web制作に関するブログ

著者:wpmaster

古いデザインを改修したい!サイトリニューアル成功への考え方

ホームページリニューアルにあたって、一番の理由としてあげられやすいのが、

「古いデザインをなんとかしたい」

というご要望です。特に作ってから、5年以上たってくると、ホームページのデザインは大きく変わります。それは、流行りの部分もありますし、ホームページを構築するにあたって必要なcssの進化によるものもあります。

しかしそれだけの理由でホームページリニューアルをすることは意味があるのでしょうか。

本当に、あなたのホームページが集客につながっていないのは、「デザインが古いから?

今回は、ホームページリニューアルのデザイン面について考えていきたいと思います。

続きを読む

著者:wpmaster

長い文章を書く際のコツ!まとまりのあるライティングへ

ライティングで求められている文字数は、短いもので500文字程度、一般的には1000文字から3000文字、長文となれば5000文字を超えるものまであります。何となくイメージだけで書き始めてしまうと、途中でバランスが悪くなりがちです。長い文章でも苦にならずに書き続けることが出来て、文章としてもまとまりを持たせるためには、一定のコツがあります。
続きを読む

著者:wpmaster

初めてのライティングでも安心!初心者から始める3つのコツ

ライティングは、副業で稼ぎたい方、空き時間を有効利用したい方、また、ライターとして本業を目指す方など様々な目的で挑戦されるものです。

私たちもコンテンツ制作の一環として、記事代行サービスを行っています。

そこでこれからライティングをこれから始める方に、そもそもどんなものなのか、また、初めての方でも知っておきたいどんなコツがあるのかを3つにわけてご紹介します。

続きを読む

著者:wpmaster

激安の記事代行を依頼し結果を出すコツ

多くの会社がオウンドメディア・コンテンツマーケティングを勧めている中、社内ではライター確保が難しい、検収ができないといった問題が発生しています。

そのため多くの会社が記事代行サービスを開始して、多くの会社が発注されていると思います。

しかし意外に外注したライティングはうまくいかないと思っている方も、中にはいらっしゃるんではないでしょうか。

続きを読む

著者:mae-chan

ダンススクールのネット集客は、ホームページ制作・運営で増やせる!

ダンススクールを探している人は多くいますが、今では多くのダンススクールがホームページを持っています。

ダンススクールを経営していて、なかなか集客出来ないということはありませんか?

 

 

新しい生徒に来てもらうための集客方法として

  • イベントなどでフライヤー(チラシ)を配る
  • ダンス雑誌やフリーペーパーに載せる
  • インターネットの掲示板やSNSで生徒募集をする

などがあると思います。

経営しているスクールを知ってもらうため、生徒を集めるために上記のような宣伝をされている経営者様が多くいらっしゃると思います。

しかし、生徒が集まらなく宣伝の仕方が間違っているのか?と思われる方もいるかもしれませんが、上記の方法は決して間違いという訳ではありません。

では何故が生徒が集まらないのでしょうか?

 

それは、集客をするために上記のような宣伝はどのダンススクールも行っているからです。

SugarBeatsではあなたに合ったネット集客のご提案が出来ます。

 

ダンススクールの集客を増やすには

・どういった生徒に知ってもらうか?

・どういった生徒に通ってみたいと思わせるか?

ということが大切です。

続きを読む

著者:wpmaster

オウンドメディアの効果を出すために必要なこと

オウンドメディアを始めてみたけど、いまいち効果がでない。

オウンドメディア初めて作るから、効果を出したい。

そう思うのは、オウンドメディアをやるなら当然のことですよね。

ただ、オウンドメディアという言葉だけが広がっているため実際にその効果はどこにあるのか?

そして集客の効果を最大化するにはどうすればいいのかがわからないかたも多いと思います。

今回は、「オウンドメディアの効果と最大化」をテーマに書いていきたいと思います。

 

続きを読む

著者:wpmaster

文章を劇的に速く書くコツ、ライティングの3つのポイント!

ライティングを速く、まとめるコツ

最近では、クラウドワークスやランサーズなどの在宅型副業サービスや、キュレーションメディアと言われる記事型のサイトが増え、ライターとして活動されている方も増えてきました。

そのため、より効率よくまとまりのあるライティングの仕事を大量にこなしたい。

速く書く場合に役に立つ、

「まとまりのある文章を書くのを劇的に速くする。ライティング3つのコツ」

をご紹介していきたいと思います。

 

photo credit: 104/365 – Write your own script

via photopin (license)

続きを読む

著者:wpmaster

オープンソースCMSツール「concrete5(コンクリート5)」をインストールする!

前回のWepageの記事が好評だったので今日もweb制作に役立ちそうなwebサービスを紹介していきますよ!今回は前から気になっていたconcrete5(コンクリート5)を使ってみました!

concrete5とは無料で使えるCMSツールで、すご〜くかんたんに言うとWordPressをイメージして頂けると分かりやすいかと思います。細かく説明していくと「使い方」や「概念」など全然違うものなんですが、どちらも一長一短ありよく比較されているようです。
まず今日はインストールの手順までをご紹介していきたいと思います。

concrete5ってどんなサービス?

concrete5 Japan 日本語公式サイト
http://concrete5-japan.org/
1
アメリカのPorlandLabs Inc.にて現在も開発が続けられているオープンソースCMSで全世界の大手企業や有名大学、研究機関で利用されています。日本ではconcrete5 Japan ユーザーグループによって日本語化作業が行われているそうで、なんともありがたいですね〜。現在ではバージョン5.7がリリースされており以前の5.6にくらべインターフェースなど大幅にバージョンアップされています。

早速concrete5をダウンロード

2-1024x763

さっそくconcrete5のダウンロードページからファイルをダウンロードしてみましょう!
せっかくなのでここでは最新のバージョン5.7をダウンロードしてみます。

 

3

ダウンロードが終わったらファイルを解凍して中身を確認!concrete5関連ファイル一式が入っていますね。無事にダウンロードできたらこのファイルを自分が使っているサーバにアップします。ファイルのアップはftpクライアントを使用して行いますが、私のおすすめはFileZillaです。FileZillaがいかにおすすめかはまた別の機会にお話しすることにします。

 

4

こんな感じでサーバにアップが完了しました。WordPressよりもファイル数が5倍くらい多く、アップするのに少々時間がかかりますが、焦らずお茶でも飲んだりテトリスをしたりしながら気長に待ちましょう。

データベースの作成やPHPの設定

無事にファイルのアップが完了したら次にデータベースの作成やMySQL、PHPの設定を行います。私はさくらインターネットを利用していたのでこちらの内容を参考にインストールを進めました。
http://concrete5-japan.org/help/5-6/install/hosting/sakura/

ロリポップなどでもconcrete5の設置方法の説明が乗っていますので自分が利用しているレンタルサーバーで確認してみてください。
https://lolipop.jp/manual/blog/concrete5/

正直、設定はそんなに難しくないと思いますがWordPressと比べると若干めんどくさい感じがしました(汗)

思わぬ落とし穴!!

5
データベースの作成も終えインストールを完了させる為に先ほどアップしたサーバにアクセルするとインストール可能かどうかをチェックしてくれます。問題が無ければ「インストールを続ける」を押してインストールを完了させます。

・・が、しかしエラーが出てきてインストールができない!うーん、困った。。。WordPressでは全く起きたことのない未知との遭遇。しかし、何の事は無くエラー内容もちゃんと表示されていて今回はパーミッションエラーだったらしく正しいパーミッションを設定することでインストールが無事にできました(笑)

人間不思議なもので未知の体験に遭遇すると、頭にマニュアルが無い為かどうしていいのかわからずパニクってしまうものです。。。

インストール完了

6
インストールが無事に完了すれば上記のような画面が表示されます。これでconcrete5インストール完了です!あー長かった。。インストールするだけで一日かかってしまいました。正直、途中でもうWordPressでいいと何度思った事か・・・

今回はインストールまでの手順をご紹介しましたが実際に使ってみるとWordPressと違って直感的にサイトを構築できるのでHTMLやCSSに詳しくなくてもサイトを構築できると思います。

この「直感的に」というところがconcrete5のミソで言葉ではとても説明しづらいのですが、とにかく使ってみないと体感できないかもしれません。実際に私が使ってみてconcrete5の良さやWordPressと比べてどうなの?という所を次回は記事にしたいと思います。

著者:wpmaster

Google日本語Webフォント Noto Sans Japanese を使う!

GoogleがWebフォントを提供していることは知っていたのですが今さらながら日本語フォントを提供していたことを知り早速入れてみたくなりました。
日本語のWebフォントは有料の物が多く、なかなか導入するのに躊躇してしまいますがそこは天下のgoogle様!無料ならばいつ使うの?「今でしょ!」ということで使ってみたいと思います。

Webフォントとは?

Webフォントを使うことでブラウザ上で任意のフォントを表示させることができます。
もう少し分かりやすく説明すると、これまではCSSでfont-familyを指定してもユーザーの環境にそのフォントがインストールされていない場合、制作者側が意図したフォントが表示されないという問題がありました。Webフォントを使うことでユーザー環境に依存せずにどんなフォントでも表示することができます。

Webフォントのメリット・デメリット

そんな最高に思えるWebフォントですが必ずしも良いことばかりではありません。
Webフォント導入のメリット・デメリットを挙げてみますと・・

メリット

もちろん先に述べたようにユーザー環境に依存せずにフォントが表示できる他に、通常のフォントにはないようなお洒落なフォントがたくさんあります。Webフォントを入れることでサイトがグッとお洒落になる事、間違い無し!

デメリット

その反面、有料のWebフォントを利用する場合は費用がかかりますし、サーバー上のフォントファイルを読み込むため、特に日本語フォントだと読み込みに時間がかかる場合があります。

日本語Webフォント Noto Sans Japanese を使ってみる

さて前置きが長くなりましたが、Webフォントについて一通りご紹介したところで早速、当サイトContentsBeatにも Noto Sans Japanese を入れてみたいと思います。

使い方はとても簡単で、googleが提供しているCSSファイルを@importで読み込みます。

@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);

 

styleタグで直接読み込む方法もあり、HTMLの〜内で以下のコードを書きます。

<link rel="stylesheet" href="//fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css">

 

あとはCSSでNoto Sans Japaneseを適用させたい箇所にfont-familyを指定するだけで完了!下記、サンプルではbody全体にNoto Sans Japaneseを適用しています。

<style>
body {
  font-family: 'Noto Sans Japanese', sans-serif;
}
</style>

はい!設定はこれで完了です!とてもかんたんですね!

Noto Sans Japaneseを鑑賞

当サイトにも入れてみたのですが、正直どう変わったのか私もよくわかりません(汗)
そこでWindowsやmacでよく使われている他のフォントと比較してみましょう。

Noto Sans Japanese
ウチにとってこの9人は奇跡だったから
メイリオ
ウチにとってこの9人は奇跡だったから
游ゴシック
ウチにとってこの9人は奇跡だったから

どうでしょうか?更に「Noto Sans Japanese」はfont-weightも同時に指定が可能です。

.noto100 {font-weight:100;}  やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto200 {font-weight:200;} やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto300 {font-weight:300;} やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto400 {font-weight:400;} やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto500 {font-weight:500;} やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto600 {font-weight:600;} やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto700 {font-weight:700;} やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto800 {font-weight:800;} やり遂げたよ・・・最後まで!!
.noto900 {font-weight:900;} やり遂げたよ・・・最後まで!!

まとめ

いかがでしたか?Webフォントは回線速度などによっては表示速度が遅くなってしまうなどの問題もありますが、それ以上に魅力的な部分もたくさんありますので、導入の際は自分のサイトに入れる必要があるかどうか良く検討した上で使用するのがベストだと思います。

著者:wpmaster

ホームページ制作の助成金・補助金をうまく活用!

最近では各自治体などがホームページ制作の助成金・補助金を出しているのはご存知でしょうか?

ホームページやサイト

ホームページやサイトをしっかりと開発することはビジネスに大きな役目をするのはすでに多くの経営者様も認識をされていることと思います。

しかし、しっかりとしたホームページを作るのにはある程度の費用と時間が必要になり、そこのコストを考えるとなかなか手が出せないと考えている方も多いのではと思います。

その際にホームページ制作、Web制作の助成金を使えば、コストの部分が圧縮することができます。

最近ではGoogleのスマホ対応を急ぐ必要もあり、資金繰りをうまく行う経営者様の中にはこのホームページ制作の助成金を活用された方も多いのでは?

今回は、国・自治体が発表しているホームページ制作の助成金・補助金についてその活用方法とポイントをご紹介していきたいと思います。
続きを読む