カテゴリーアーカイブ SEO・検索エンジン最適化

著者:wpmaster

中小零細企業でも個人事業主でも大切なネット集客

ホームページは作ってみたけど、スタッフは皆忙しそうで仕事とするのは難しそう。

ただ外部の会社にお金を払うにしても、そこまで大きな予算はかけられない。

こういった悩みをお持ちの中小企業零細企業の経営者の方は多いのではないでしょうか。

しかし、それは勿体無いことです!中小企業や零細企業、そして個人事業主の方でも成功できるチャンスがあるのがインターネットです。

インターネットはもともと予算をかけなくても十分集客力を作り上げることができるのがメリットなんです。

今回は、中小企業・零細企業・個人事業主といった少人数・低予算でも集客が十分できる理由とおすすめのホームページ集客方法をお伝えしていきたいと思います。

なぜ、少人数・低予算でもインターネットなら勝てるのか?

まずインターネット集客=お金がかかるという考え方を捨ててください。

それはインターネット広告はお金がかかり続けるので、そのイメージがついてしまっているのです。

現在インターネット集客が大きく変化しています。

以前は大手が運営するポータルサイトや、通販サイトが人気でした。

しかし最近では、「インスタグラマー」「ユーチューバー」や「人気ブロガー」など様々な形で、一人の個人が有名になっているのはご存知だと思います。

これはインターネット集客のお手伝いをしている私たちからしても、大きな変化といえます。

インターネットはもともと、個人の自由な場所や、会社のホームページの置き場として考えられていた面があります。

つまり名刺や箱といったイメージでした。そして集客をするのには、その箱をいかに大きくして、名刺をいかに配り歩くのか?

この部分をかんがえれば良かったのです。

つまり大手がシステムをいれて大量のページを生成しやすい状況をつくり、それを広告費をつかっ
拡散する。

もちろんシステムの作り込みや使いやすさ、そして適切な広告管理は重要な要素です。

しかし現在サイトを作るにしても会社独自で毎回システム構築をする必要はほとんどなくなりました。無料でかつ簡単にサイトの更新作業ができるWordpressを使い、プラグインといわれる追加機能をいれられるものを使えばほとんどの要件や必要物は揃ってしまうのです。

広告管理をするにしても、ほとんどがごGoogleAnalyticsというGoogleの無料アクセス解析を使えばほとんどのことができてしまいます。

そうなった現在だからこそ、いま起きている変化が発生しているのです。

しかしそういった方達は、人気が出る前に広告費用や宣伝費用を払って話題性を作り人気になっていったのでしょうか?

答えは「No」です。

それでは、もしかして誰でも人気になって集客力がある人になれるのか?

それも答えは「No」です。

なぜあなたは、インターネット集客ができないのか?

なぜ、インターネット集客がうまくいっていないのでしょうか。

広告予算をとり、プロのコンサルタントに頼み、様々な集客ツールも入れてみた。

しかしうまくいかない。

それが、先ほどお伝えした、にんきになって人気に集客力がある人になれない理由につながります。

最初にお伝えしたとおり、「インターネットは、誰でも誰にでも集客チャンスがある場所」です。

しかし勝負の仕方が大切なのです。

先ほどの広告は予算や、コンサルタントへの依頼、集客ツール、どれもインターネット集客には役立つものです。

ただそれは、「大手」でもできる戦い方です。

「大手でもできる戦い方」=余裕のある人数・圧倒的広告予算

ここと真っ向勝負を挑んで勝つことができるでしょうか。

そうです。
中小企業・零細企業・個人事業主の方でいわゆるその業界1位のところに勝つのは難しいでしょう。

それは、私たち自身もインターネット業界において、弱小であり、少人数組織だからわかることです。

それでも今本当にインターネットで人気がある人たちは、大手の組織ではなく「1人の個」です。

さきほどの「インスタグラマー」「ユーチューバー」「ブロガー」のかたはもちろん法人化して組織化している人もいます。

しかしそれは、ご自身が有名になってからでしょう。

なぜ、広告予算も持っていない、労働力ももっていない「個」が有名になっていくのでしょうか。

それは人気が出ていて集客力がある人たちは、「更新」「運営」「ブランディング」をしっかりと考えている人たちだったからといえます。

つまり個人事業主の方でも少人数企業の方でも、この3つができれば集客へ成功するチャンスがあるのです。

まずはサイト・SNSの制作から考えていきましょう。

私たちSugarBeatsが考えるのは、将来像に向けた制作です。

まず少人数で運営するにあたって、すべてのことを行うのは大変なことです。

最初は、勢いもあり、意気込みもあるでしょう。

そのためなんでもかんでも作っていく方もいらっしゃいますし、それに乗って多額の制作費を取る制作会社も多くいます。

しかし最初んはミニマムスタートがおすすめです。

なぜならインターネット集客のなかで先ほどあげた「更新」「運営」「ブランディング」これで集客をあげていくのには時間がかかります。

もちろんその期間的なスパンの間に広告費をかけ、集客を早めることはできますが、そこに頼っては永続的に費用を捻出しなければいけなくなります。

そして様々なものを最初に作ってしまうと、全てに広告費をかけていきたくなるのが人間です

そうなってしまうと広告費が分散することで、結果どれも集客ができない状況をになってしまうのです。

ブランディング・コンセプトの作りこみ

まず制作を始める前に、どのような強みがあり、どのような特徴があるのかを明確にしなければいけません。

特に起業したばかりのベンチャー企業と、いわゆる地元の老舗企業では大きく異なります。

例えば、地元に配るチラシなどを行っていた場合、サイトのイメージなどと整合性が取れなければきたユーザーは違和感を覚えてしまうでしょう。

また高品質・高単価のサービスをやっているのにも関わらず、サイトがこてこての安売りサイトのようになっていてはユーザーは納得しません。

つまり求めているお客様との合致をしなければ、結果いくら見た目がいいホームページができ、集客を順調に伸ばしたとしても、実際の問い合わせにはつながりづらくなってしまいます。

そこで大切なのが、「ブランディングコンセプト」の作りこみです。

まずは、どのような競合がいて、どのようなサイトがどのような集客をしているのかを調べます。

そしてそこに対して、どのような設定で勝負をするのかを確かめていきます。

またこのあと制作や運用の部分でお伝えしていきますが、集客に対してどのようにアプローチをしていくのかを決めます。

例えば、社内スタッフの方が更新するブログでの発言や、SNSでの発言を設定します。

最初にこの部分を固めてしまえば、例えば人が変わって運用する際も方向性が大きくずれるといったことは少なくなるでしょう。

結果、「ユーザー」と「ブランド」がマッチすることで、将来的なインターネット集客はうまくいきやすくなることでしょう。

 

ホームページ集客に必要なサイト製作費の相場と考え方

初めて集客を前提にした制作をするのであれば、20万〜50万程度の制作費を考えておきましょう。

最近ではテンプレートを使うことで、10万円~20万円という激安のホームページ制作会社も増えています。

そのすべてが悪いわけではないですが、この費用であればほとんど人の時間を使うことは難しくなります。

つまり、下のような必須のページだけを作るだけで終わってしまうということです。

  1. Topページ
  2. 会社概要
  3. サービスページ
  4. お問合せ

しかしこれだけあれば、十分というわけではありません。

例えば、会社として行っているサービスは1つの場合もあれば複数の場合もあります。

そして顧客を対象にする商圏についても、1地域もあれば複数地域の場合もあります。

地域も違い、商圏も違うのであれば本来は別なページを用意してあげなければいけません。

こういったお客様に対して、どのように集客を行うのかを考える時間が予算に大きくかかわってくるのです。

サイトの運用とSNSの運用「ネットに情報を発信しよう!」

多くの方の中には、ホームページを持つこと、SNSを持つことでインターネット上で情報発信をできていると思われているかたもいらっしゃいます。

しかし実際はそれだけでは情報発信できているとはいえません。

ネットはあくまで、実際の世界でいう町と変わりません。

つまり町のなかに、家や事務所を構えただけです。

 

その構えたサイトからどんどん情報発信を行っていきましょう。

よくホームページは難しいといった声や、SNSはわからないといった声をお聞きします。

大丈夫です。そこは運用のプロがお手伝いをします。

 

 

著者:wpmaster

中古ドメインのSEO効果は?取得方法・選び方

アフィリエイトを取り組もうとお考えの方

SEO対策業者に飽き飽きしてご自身でSEO対策・特に外部施策を取り組もうとお考えの方

そういった方は、「中古ドメイン」をお探しのかたも多いと思います。

有名な中古ドメイン販売サイトなども増え、そういったところだと

「ほしいドメインがもう取得できない!」

といった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は中古ドメインのSEO的な効果の分析と中古ドメインの取得方法をご紹介していきたいと思います。

まだ中古ドメインというものが分からないよ。という方から解説していきますので、ゆっくりお読みくださいませ。

 

続きを読む

著者:wpmaster

文章を劇的に速く書くコツ、ライティングの3つのポイント!

ライティングを速く、まとめるコツ

最近では、クラウドワークスやランサーズなどの在宅型副業サービスや、キュレーションメディアと言われる記事型のサイトが増え、ライターとして活動されている方も増えてきました。

そのため、より効率よくまとまりのあるライティングの仕事を大量にこなしたい。

速く書く場合に役に立つ、

「まとまりのある文章を書くのを劇的に速くする。ライティング3つのコツ」

をご紹介していきたいと思います。

 

photo credit: 104/365 – Write your own script

via photopin (license)

続きを読む

著者:wpmaster

SEOの費用・相場について、正しい価格設定にお悩みの方へ

SEOの費用と相場

いざSEOを始めよう。検索上位表示をさせてより多くの人に見てもらおうと考えた場合に、一番最初に悩むのが、その費用についでだと思います。

SEOについては、依頼を行った後の内容が見えづらい部分も多く、その金額が正しいものなのか?そして他社と比べた際に相場として正しいものなのかわかりづらい部分が多いと私自身も考えています。

今回は、これからSEOを始めようとお考えの方に、どれくらいの金額が妥当なものなのかというところをお伝えしていきながら、最後に弊社のPRを少しだけお話しできればと思います。

続きを読む

著者:wpmaster

話題の中小企業向けホームページ制作サービス「ペライチ」

最近Web業界の中で少しずつ名前を聞くようになってきたホームページ制作サービスがあります。
ペライチ
それは、
「ペライチ」
というWebサービスです。
ペライチという単語からわかるように、1枚だけのホームページが簡単に作れるというサービス。

このサイトでもJimdoやWixなど様々なホームページ制作サービスをご紹介していますが、この制作サービスはどこがいいのでしょうか?

中小企業向け・個人事業主向けというのも売りになっており、気になるサービスです。
そしてニッセイ・キャピタルさんが4900万円の資金を出すほど将来性があるのかという点も気になりました。

それでは今回は実際に作ってみながらほかのサービスと何がいいのかを考えていきたいと思います。

続きを読む

著者:wpmaster

ホームページ更新の負担を軽減!CMSを導入しよう!

自社のwebサイトを更新しようとしたもののホームページ制作会社に制作してもらったホームページが、がっちがちにHTMLやCSSで作られていて、多少HTMLの知識はあってもどこを触っていいのかわからない・・ちょっと文章を変えたいだけなのに制作会社にまたお願いしなければいけない・・こんな悩みを解決してくれるのがCMSと呼ばれるものになります。

CMS導入で楽々ホームページ更新

そもそもCMSとはコンテンツマネジメントシステムと呼ばれるもので、通常のホームページ(静的webサイト)に対して、複雑なHTMLやCSSの知識がなくてもwebサイトの更新などを管理画面などから簡単に更新できるツールです。
レンタルブログサービスを想像してもらえるとわかりやすいのですが、ブログの見た目をかわいいものやオシャレなものにしたり、ブログ記事を投稿したりするようなイメージでwebサイトを更新、管理できます。

代表的なCMSツール

CMSもブログサービスのように各社から色々な特徴を持ったCMSツールが提供されています。こちらの記事「JIMDO[ジンドゥー]とは?SEO面・集客面での効果について」でご紹介したJIMDOもCMSのひとつです。今回は他にも有名どころのWordPress、Movable Typeなど、それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

WordPress

WordPress
私もお気に入りのCMSで導入しているwebサイトも多く、もっとも有名なCMSツールのひとつだと思います。

WordPressの主な特徴

  • 無料で使える
  • テーマやプラグインの種類が多い
  • 利用者が多いので困ったときに何かと便利

WordPressというツールは無料で配布されているので利用するのに料金はかかりません!テーマはサイトのデザインを決めるテンプレートのようなもので種類もたくさんある為、お気に入りのデザインがきっとみつかるはずです。プラグインはサイトをパワーアップさせる機能で、例えばサイトの表示速度は早くさせたり、スパム対策など、こちらも種類が豊富にそろっています。
WordPressはカスタマイズ性も高く、企業などのホームページにも多く導入されています。また利用者が多く、いろいろな情報を掲載してくれているのが利用しやすいポイントでもあります。

Movable Type

Movable Type
こちらも有名なCMSでシックス・アパート社が提供するブログ形式でホームページを作成できるツールです。

Movable Typeの主な特徴

  • 有料
  • メーカーサポートが受けられる
  • サーバ負荷が低い

Movable TypeはWordPressとよく比較されるCMSでまず大きな違いが有料ということです。現在はクラウド型で月額5,000円〜、ソフトウェア版で90,000円とお金がかかります。しかし!Movable Typeの大きなメリットはメーカーサポートが受けられるということです。WordPressは何かトラブった時に、自分でこつこつと調べたりコミュニティを探して質問したりと時間と労力がとてもかかります。Movable Typeは販売元のサポートが受けられるので的確に問題を解決することができると思います。
また静的生成というコンテンツ生成の仕組みでサーバ負荷を低くし、かんたんに言うと突然いっぱいアクセスが増えてもwebサイトが落ちる心配が少ないといった特徴もあります。

concrete5

concreat5
concete5はアメリカ生まれのCMSでWordPressやMovable Typeに比べると少しマイナーですが、こちらのconcrete5も多く利用されています。

concete5の主な特徴

  • 直感的な操作でできる
  • 企業のwebサイトに適している
  • 最初から機能が揃っている

WordPressやMovable Typeに比べwebサイトのデザインやレイアウトの変更などが管理画面から直感的な操作で行えるのが大きな特徴だと思います。説明書を読まなくても操作できる、といった感じですかね?また最近では企業などのwebサイトにも多く採用されていて、というのも例えば写真をたくさんみせるスライドショーや、今となっては必須な所在地情報に掲載するGoogle Mapの埋め込み機能、他にもお問い合わせフォームなどが最初から備わっているので、WordPressのようにプラグインを探して入れたりしなくてもある程度のことはこれひとつで出来てしまいます。

まとめ

今回は有名なCMSツールの特徴をご紹介いたしましたが、それぞれのCMSツールには一長一短があり、どれが一番良いかはケースバイケースです。私自身もそれぞれのサイトの特徴に合わせて使い分けるようにしています。これからCMSツールの導入を検討されていて、どれを選んでいいかわからない、CMSツールの導入の仕方などお困りでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

著者:wpmaster

JIMDO[ジンドゥー]とは?SEO面・集客面での効果について

Jimdo SEO

最近テレビCMなどを初めて、様々な方の目に留まるようになってきたJIMDO

テレビCMをみて、えっ無料でホームページを作れちゃうの?

と気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかしJIMDO[ジンドゥー]の歴史は大変長く、

SEO会社やホームページ制作会社泣かせのサービスとして昔から知られています。

おっそんな会社を泣かせるほどいいサービスなのか!!

よし、初めて見よう!

と思った方は、ちょい待った!
続きを読む

著者:wpmaster

サテライトサイトとは?衛星サイトは制作・運用が重要

サテライトサイト・衛星サイト
サテライトサイトを、制作しませんか?

衛星サイトでの、外部リンク先は意味がありますよ!

こういった営業が、来ることはいまだに多いのではないでしょうか?

 

しかしサテライトサイトを作れば順位が上がると思うのは大間違い。

今回はSEO業者をやっている私たちだから思う、

「サテライトサイトの基本的な考え方」

から

「効果の出る・意味のあるサテライトサイト制作」

についてお話をしていきたいと思います。

 

サテライトサイトとは?

サテライトサイトという言葉を聞きなれない方も多くいらっしゃると思います。

まずサテライトサイトとは?というところからお話をすると、

 

サテライトサイトは、日常運用しているサテライトサイトとは別に、専門サイトなどを用意することを指します。

 

例えばこのContentsBeatでは、「サイト制作~Web集客」までという幅広い範囲を扱っています。

そのなかで、「SEO」だけを切り取った専門サイトを立ち上げるイメージになります。

 

なぜ、サテライトサイトを作るの?メリットについて

それでは、サテライトサイトを作ることのメリットについてお話をしたいと思います。

大きく分けると、3つのメリットがあります。

1、サイトテーマの統一性の向上

さきほどこのサイトの例として、SEOだけを切りだして専門サイトを立ち上げるというお話をしました。

このように、切り出すことでサイトテーマの統一性や主義・主張を伝えやすくなります。

例えば、Web集客におけるSEOの立ち位置として、

・他の集客技術よりも、多く集められます。

・他の集客技術よりも、安く集められます。

などと主張をしたい場合に、リスティングや無料の集客法などをご紹介すると、

えっ?どっちが有効なの?

というような印象をユーザーに与えてしまいます。

 

これは、実生活でもそうですよね。

人間は選択肢を与えられれば、与えられるほど正解について悩むのです。

こういった際に、サテライトサイトをつくればその商品・そのサービスに限定してお勧めすることができるのです。

 

2、SEOの外部リンク先としての有効性

以前外部リンクの効果について記事を書いた際にご紹介をさせていただきましたが、

いまだに上位表示への外部リンクの重要性は変わらず高い状態です。

しかし以前のように、安易に外部リンクを増やすとペナルティなどのリスクを高めることになります。

 

その点、サテライトサイトは関連する1ジャンルの専門サイトとしてサイトを立ち上げるため、

リンクを張る本家のサイトとの関連性の高さを担保することができます。

そうすることによって、ペナルティのリスクを下げることが可能になります。

 

3、使用用途を設定することで集客窓口を増やすことが可能

例えば、ECなどの通販などを行っている方だと、カートシステムにサイト構成は依存しやすくなります。

そして通販の購入には、よりビジュアル的にわかりやすく、伝える必要があるのです。

SEO的には、文章量であったり、マークアップなどのルールを満たすことが必要になります。

この反する要素をうまく満たすためにサテライトサイトを制作することがあります。

 

その際は、サテライトサイトをブログのような形を作りオウンドメディアやブログのようにして、

記事を作っていくのです。

それは商品を説明する内容になるため、商品をより知ってから買いたいという方へのアプローチ法としては最適といえるでしょう。

 

サテライトサイトを作るときの注意ポイント

このようにサテライトサイトを運用することで得られるメリットは様々あります。

しかしメリットだけではありません。

やはり今のサイト集客の全体的な流れと同様に、

どのように運用するか?

が重要になるのです。

 

SEOのリンク先とした場合、ペナルティのリスクは0ではない

よくサテライトサイトの販売業者では、ペナルティリスクが0のようにお話をするところを聞きます。

ただ、リンクを故意に張る以上ペナルティのリスクは0ではありません。

そしてそれはGoogleがNo!といえばNoなのです。

 

その際に重要なのが、先ほどなぜ?サテライトサイトを制作するか?

でお伝えしたように、どのような意味があり、運用をしているのかを明確化する必要があります。

 

サテライトサイトを運用する、人・カネの余裕があるのか?

ただ単にサテライトサイトを作るだけでは意味がありません。

そこで、しっかりとサテライトサイトも運用を行う必要があるのです。

例えば、本家のサイトが更新できていない方がサテライトサイトを制作しても、

ただの放置されたサテライトサイトが出来上がります。

そのため、人やお金などの余裕が必要になります。

体制が整わなくては、しっかりと効果のあるサテライトサイトを作成することは難しくなります。

 

 

ContentnsBeatでは意味のあるサテライトサイトを作成します。

サテライトサイト制作

ここまでお伝えしてきましたが、サテライトサイトは意味あるの?

と私たちがお客様に聞かれたらば、意味はあります!

とお伝えするでしょう。

デメリットでもお伝えしましたが、つくるだけでは意味はありません。

 

サテライトサイトを、意味のある物にするのが制作会社の腕の見せ所です。

私たちは、数十にもおよぶサテライトサイトを制作することはお勧めしません。

お客様のヒアリングを行い、多くても約5サイト程度の作成を行います。

 

そしてお客様の体制や、状況をもとに最適なプランを作成いたしますので、

もしサテライトサイト運用にご興味があるかたはご相談ください。

 

[mwform_formkey key=”490″]

著者:wpmaster

SEOのキーワード選定方法を攻略!数もツールも解説

SEOで集客をしたい!

その気持ちはよくわかります。

ただしそのために大切なのは、どのキーワードに注力するか。

という「キーワードの選定方法」のフレームを作っていくことではないでしょうか?

SEO業者が提案するキーワードは、あくまで一般的・または表面的なキーワード選定方法。

クライアント様のビジネスとマッチしているか?

商品とマッチしているか?

を良く考えないとSEO施策をうってGoogleで上位表示できたとしても、

うまく購入につながらないということも出てきてしまいます。

そこからは、一般的なSEO業者は面倒見てくれないでしょう。

是非、ご自身で一度確かめてみていはいかがでしょうか?

今回は、Googleが出しているツール「Googleキーワードプランナー」を使用してのキーワード選定方法を取り上げたいと思います。

 

キーワード選定に役立つツール

まずはキーワードプランナーという、無料のツールについてご紹介したいと思います。

このツールは、Googleのアドワーズ広告というクリック課金型の広告を管理するためのサービスの一種です。

もちろんGoogleのアカウントさえあれば、無料で使用することができますので、どなたでも使えます。

その中の1サービスである「キーワードプランナー」ですが、主な使用目的は。

  1. 合いそうなキーワードから、関連語を探す。
  2. URLからキーワードを選定してもらう。
  3. 広告を出稿する際のおおよそのクリック当たりの金額を調べる。

という3つの目的があると思います。

登録をしていないかたは、是非登録をお勧めします。

一番簡単なキーワード選定方法

一番簡単なSEOキーワード選定方法としては、Googleにお任せしてしまうということです。
下の画像が実際の画面になりますが、「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックしてタブを開きましょう。
キーワードプランナー画面

タブが開いたらば「リンク先URL」のところに、SEO施策をかけたいURLをいれます。

今回は、コンテンツSEO/被リンクSEOのContentsBeatのURLを入れてみました。

URLからキーワード調査

すると広告グループ管理というタブでの画面がでてきます。

今回はアドワーズに出稿するわけではないので、別タブの「キーワード候補」をクリックします。

キーワード候補

出てくる状態の順序だと、Googleなりに関連性が高いと考えている順に並びます。
ただ「ネット速さ」が一番関連性が高いと・・・

※———————————————————————–
このサイトのトップページの場合は新着記事を並べているため、安定しない結果になります。
こういう意味でも、トップページは固定した文章をいれてコンテンツを固めておく重要性がありますね。
ちょっとWordpressのテンプレートを修正したいとおもいます。
————————————————————————–

さて、よく見ていくとそのほかは、「SEO 被リンク」というまあまあ合いそうなものがあります。
こういった合いそうなものから施策キーワードを選定していくことをお勧めします。

ただしいくらSEOがリスティング・アドワーズよりも検索結果のクリック率が高いといっても、
さすがに500を超えてこないと、そのキーワードだけでの集客というのは難しくなります。
その観点からすると「コンテンツSEO」なんていいキーワードかもしれませんね。

リンク先URLからキーワード選定のメリット・デメリット

このキーワード選定方法のメリットとデメリットをお伝えすると

  • メリットは簡単というところに尽きます、
  • デメリットはあまりマッチ度が高くない。
    または自分で想定しているものと違う

というところが上げられます。

おすすめのキーワード選定方法

さてそれでは、なるべく自分がマッチすると考えているキーワードに近づけるキーワード選定方法ですが、

一つ前の画面で、自らキーワードをいれることをお勧めします。

今回は「SEO」で調査をしました。

 

キーワードからキーワード選定

 

※———————————————————————
久々に「SEO」で調査を行いましたが、関連性が高い順でいうと「SEOツール」が一番関連性が高いんですね。
最近検索したときにツール系が多く、表示されている理由が分かった気がします。
キーワードの関連性と検索結果の順位について今度まとめたいと思います。
こういう意味でも、トップページは固定した文章をいれてコンテンツを固めておく重要性がありますね。
ちょっとWordpressのテンプレートを修正したいとおもいます。
————————————————————————-

そして先ほどと同じ流れで、別タブ「キーワード候補」をクリックします。


キーワード候補タブ

 

続いて、ダウンロードというボタンを押し、CSV形式でのダウンロードを行います。
するとエクセルで開けるCSV形式のものがでてきます。

ダウンロードボタン

D列が月間の検索数の平均になります。
集客数に関連する大きな指標なので、ここで並べ替えをします。
そして先ほどお伝えしたようにメインキーワードとして「500以下は厳しい」と想定し、フィルターを書けます。

ダウンロードCSV

 

その後さらに、F列にある「Suggest Bid」を次のレベルとして降順にします。
基本的に降順で問題ないかと思います。
SuggestBidとは、広告枠の広告単価を示すものであり、ここの数値が高いという事は、
1クリックがいくら高くてもいいから、なんとしても上位に出したい!
という人がいると想定されます。、
つまり、「集客後の購入率が高い」ことが想定されます。
調べてみた結果
SEOでの結果を見ると

・SEOとは 検索数4400 1クリック単価 ¥831
・SEO見積り 検索数880 1クリック単価 ¥876

などが目立ちますね。
やはり、見ただけでも購入率が高いということが想定されうるキーワードです。

続いてSEOの場合、大体1ページあたり3つ程度のキーワード数が可能になるため、
どのようなコンテンツにするのかを定めるためにも、
決めた2キーワードで再度最初の手順をふみます。

例えば「SEOとは」で調査をしたいと思います。
手順はキーワードをいれて、別タブのキーワード候補をクリックするまでは同じですが、
唯一違う点は、「キーワードフィルタ」をクリックして
「入力した語句を含む候補のみを表示」をオンにします。

 

キーワードフィルタ

 

seo対策とは 検索数170
逆seoとは 検索数90
seo semとは 検索数20
seoとは 方法 検索数10
キーワード選定終了

 

がでてきました。
ここまでくれば、もう完成です。
新規でページを作ることを妄想してみました。

 

titleを「SEOとは?対策・方法を全解!SEMでの重要性」

コンテンツを3章程度に設定をし
それぞれをh2などで囲み、その下に内容を書く
という流れで、いいのではないでしょうか?

ポイントは、あくまでメインワードである「SEOとは」にフォーカスし
サブコンテンツ・肉付けという意味で、そのほかのワードをいれることです。

キーワードを指定してのキーワード選定方法まとめ

この選定方法のメリット・デメリットは、

メリット・・・しっかりと伝えたいことを定められる。
コンテンツの内容に悩む必要がない。
デメリット・・・手間がかかる。
地域やカテゴリ要素が強いキーワードでは選定が難しい

といったことが上げられます。
私としては、毎回この方法を取ることで。着実に集客に結びやすくなるためおすすめです。

 

SEOのキーワード選定方法のメリット・デメリット

今回は、SEOのキーワード選定方法にフォーカスをして記事をお送りしました。

最初はめんどくさいと思われるかもしれません。

しかしSEOは、その小さなめんどくさいが大きな結果を生み出すチャンスなのです。

キーワード選定は、アフィリエイトをするにしろ、会社の事業にしろ、

どのようなものを、ユーザーは求めているのか?探しているのか?

そこを理解して、ページを作るためには大切なSEOの要素です。

著者:wpmaster

リンクビルディング・リンク構築の方法について考える

SEOにおいて、短期的な上位表示を狙うには、

いまだに外部リンクを使ったリンクビルディングの手法がメインになります。

クライアントが大手であれば、サイト内部でのリンク構築

保有メディアによるリンクビルディングが可能になりますが、

通常のクライアント様ではなかなか厳しいのが現状です。

 

そのためSEO業者は、クライアント様の為にリンクビルディングを行うことになります。

ただし、一度ミスを行うと怖いのがペナルティです。

今回は、そういったリンクの構築法について考えていきたいと思います。

リンクビルディング・リンク構築のポイント

b889e4021a04566447c9e0690d7678d6_s

リンクビルディング・リンク構築を行う際に気を付けるべきポイントは、

「ペナルティのリスクを避けること」

です。そして解決策は、

「自然を作りだし、共通点を極力さけるということ」

だと私は考えています。

 

Googleは、不自然なリンク・故意的なリンクについては、厳しい処置をしています。

ただしGoogleペナルティについては、機械が行う自動ペナルティ、人間が行う手動ペナルティがあります。

それぞれのリンクビルディングを行う際に気を付けるべきポイントは、

 

自動ペナルティ・・・共通点によるチェックをされない仕組

手動ペナルティ・・・芋づる式にチェックされない仕組

 

です。SEO業者で施策を行った場合に、

 

自動ペナルティを受けて、解決策が編み出せなければ、撤退するべき。

手動ペナルティを受けて、他のクライアントに影響が出たらば、管理不足。

 

という風に考えています。

 

自動ペナルティを割けるリンクビルディング

60fc72fb2dedbddb460fdd233c91a252_s

機械というのは、ルールをもって動くものです。

そこに感情や、発想という事は難しくなります。

Googleは、人工知能を持つロボットを持っているといわれますが、

あくまでルールを持った知能です。

つまり、リンク先にある一定のルールができてしまっている。

または他のサイトとの共通点があるということが問題です。

 

・文章を他から取ってきてしまっている。

・リンク先のクライアントがかぶってしまっている。

・クライアントのサイト内容と合わないリンク

・パーマリンク設定がかぶっている。

 

少しでも共通点を出せば、もう一網打尽です。

ルールを作ればいい話ですから。

そのため共通点・不自然なポイントを出さないのが大切です。

 

手動ペナルティは避けられない。被害を拡大させないだけ

b889e4021a04566447c9e0690d7678d6_s

手動ペナルティは、嘘か誠か。
Google内にいるアルバイトやスタッフによるチェックでペナルティが発生します。
そのため避けることは、かなり困難になります。

 

いくら頑張っても、人間の見る目にはなかなか勝てないのです。

 

特にアンカーテキストを利用する場合は、ほぼ不自然なリンク設置になります。

私たちも文章のライティング上で、自然にアンカーテキスト設置するよう心がけていますが、それでも絶対ばれないかと言われたらば、100%イエスとはいえないと思います。

しかし手動ペナルティは、WEBマスターツールからペナルティ解除ができるのです。

つまりかかっても解決策が編み出せる。

 

そのため、いかに1クライアントで影響を抑えるか?

 

というところが重要になります。

そして早期にペナルティ解除を行い、対処することです。

 

リンクビルディング・リンク構築法まとめ

最近は自社サイトの施策・クライアントサイトの施策を行っています。

私もペナルティのリスクは、最大限気にして、リンクビルディングを行っています。

実際昔リンクビルディングを良く考えずに、施策した結果保有アフィリエイトサイトが全滅したことも。

その時のショックは、言葉では言い表せないものです。

 

ただし1リンク程度でも現状十分上がることを見ていると、やはり外部施策は有効だと考えています。

個人としては今後リンクビルディング手法は、より厳しくなると想定しています。

ただ、今現状効くことをやらずにSEOといえるでしょうか。

 

『外部リンクは効かない』なんて言わずに、しっかりと運営方針を持ってリンクビルディングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

弊社の提案としては、

 

自社サイトやコーポレイトサイトなどの長期的に活用するサイト

コンテンツマーケティング・内部施策

サテライトサイトや、リスティング用LP用サイト

被リンク・リンクビルディング

 

を行うことがおすすめしています。