リンクビルディング・リンク構築の方法について考える

SEOにおいて、短期的な上位表示を狙うには、

いまだに外部リンクを使ったリンクビルディングの手法がメインになります。

クライアントが大手であれば、サイト内部でのリンク構築

保有メディアによるリンクビルディングが可能になりますが、

通常のクライアント様ではなかなか厳しいのが現状です。

 

そのためSEO業者は、クライアント様の為にリンクビルディングを行うことになります。

ただし、一度ミスを行うと怖いのがペナルティです。

今回は、そういったリンクの構築法について考えていきたいと思います。

リンクビルディング・リンク構築のポイント

b889e4021a04566447c9e0690d7678d6_s

リンクビルディング・リンク構築を行う際に気を付けるべきポイントは、

「ペナルティのリスクを避けること」

です。そして解決策は、

「自然を作りだし、共通点を極力さけるということ」

だと私は考えています。

 

Googleは、不自然なリンク・故意的なリンクについては、厳しい処置をしています。

ただしGoogleペナルティについては、機械が行う自動ペナルティ、人間が行う手動ペナルティがあります。

それぞれのリンクビルディングを行う際に気を付けるべきポイントは、

 

自動ペナルティ・・・共通点によるチェックをされない仕組

手動ペナルティ・・・芋づる式にチェックされない仕組

 

です。SEO業者で施策を行った場合に、

 

自動ペナルティを受けて、解決策が編み出せなければ、撤退するべき。

手動ペナルティを受けて、他のクライアントに影響が出たらば、管理不足。

 

という風に考えています。

 

自動ペナルティを割けるリンクビルディング

60fc72fb2dedbddb460fdd233c91a252_s

機械というのは、ルールをもって動くものです。

そこに感情や、発想という事は難しくなります。

Googleは、人工知能を持つロボットを持っているといわれますが、

あくまでルールを持った知能です。

つまり、リンク先にある一定のルールができてしまっている。

または他のサイトとの共通点があるということが問題です。

 

・文章を他から取ってきてしまっている。

・リンク先のクライアントがかぶってしまっている。

・クライアントのサイト内容と合わないリンク

・パーマリンク設定がかぶっている。

 

少しでも共通点を出せば、もう一網打尽です。

ルールを作ればいい話ですから。

そのため共通点・不自然なポイントを出さないのが大切です。

 

手動ペナルティは避けられない。被害を拡大させないだけ

b889e4021a04566447c9e0690d7678d6_s

手動ペナルティは、嘘か誠か。
Google内にいるアルバイトやスタッフによるチェックでペナルティが発生します。
そのため避けることは、かなり困難になります。

 

いくら頑張っても、人間の見る目にはなかなか勝てないのです。

 

特にアンカーテキストを利用する場合は、ほぼ不自然なリンク設置になります。

私たちも文章のライティング上で、自然にアンカーテキスト設置するよう心がけていますが、それでも絶対ばれないかと言われたらば、100%イエスとはいえないと思います。

しかし手動ペナルティは、WEBマスターツールからペナルティ解除ができるのです。

つまりかかっても解決策が編み出せる。

 

そのため、いかに1クライアントで影響を抑えるか?

 

というところが重要になります。

そして早期にペナルティ解除を行い、対処することです。

 

リンクビルディング・リンク構築法まとめ

最近は自社サイトの施策・クライアントサイトの施策を行っています。

私もペナルティのリスクは、最大限気にして、リンクビルディングを行っています。

実際昔リンクビルディングを良く考えずに、施策した結果保有アフィリエイトサイトが全滅したことも。

その時のショックは、言葉では言い表せないものです。

 

ただし1リンク程度でも現状十分上がることを見ていると、やはり外部施策は有効だと考えています。

個人としては今後リンクビルディング手法は、より厳しくなると想定しています。

ただ、今現状効くことをやらずにSEOといえるでしょうか。

 

『外部リンクは効かない』なんて言わずに、しっかりと運営方針を持ってリンクビルディングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

弊社の提案としては、

 

自社サイトやコーポレイトサイトなどの長期的に活用するサイト

コンテンツマーケティング・内部施策

サテライトサイトや、リスティング用LP用サイト

被リンク・リンクビルディング

 

を行うことがおすすめしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です