お客様にいいものを作るためのホームページ制作サービス

                 

サイト制作をこれから行おうと考えている社長やWeb担当者の方へ。

私たちは、その本気の思いを受け止めます。

初めて付き合う会社選びに悩んでいる。

いままで制作会社には散々な目にあった。

そういったサイト制作会社に対する悩みは私たちが解決します。

この記事の前に、読んでほしいこと

いままで様々なサイト制作に取り組んできました。

サテライトサイト制作から採用向けオウンドメディアまで、多種多様なジャンルに取り組んできたのが私たちSugarBeatsです。

しかし、そこで一つ気づいてしまったことがあるのです。

いままでお客さまからご依頼いただいていた費用では、100%の力を出し切れいていないと実感するのです。

私たちも企業です。コストに見合わない仕事はなかなかできないのが現状です。最近では安く見積もりを出す。とりあえず受注をする。というWeb制作会社が増えてきています。私たちもその流れに乗っていました。しかし話をしていると、ただWordpressのテンプレートを入れただけ、ただデザインだけ作っただけというサイトが大量に存在します。

これでは永遠とリニューアルを繰り返していくだけに思えてしょうがありません。

このサービスについては、月2社までしか受けないようにしようと考えています。

サイト制作の予算も製作費150万円~ 1年間にわたるコンサルティング月10万円~という形で進めていこうと思っているサービスのため、もし合わないと感じた方は申し訳ありません。

※一般的な制作サービスも15万円~お受けしておりますので、もしよろしければご活用ください。

いままでの制作サービスに不満をもっていませんか?

管理費を払っているけれど、何をしてくれるのか分からない。

管理費で月1万円払っているよという話をよく聞きます。1万円という金額は、不思議な金額です。1人が1日分の仕事をすると考えると少なすぎる金額です。そしてサーバー費用として考えると、高すぎます。つまり、特に何も出来ない割に割高な金額です。

怪しい制作会社ですね。

提案がないという制作会社

ホームページ制作会社からとくに新しい提案がこないと悩んでいる企業も多いようです。

わたしたちも多くのお客様の課題解決をしようと考えなければ、自分たちができる範囲の仕事で充分成り立ってしまいます。しかしどんどん新しい提案をさせていただきたいと考えています。

サイトから仕事を作っていくことができると私たちは本気で信じており、そしてWebはどんどん進化していきます。

私たちも、お客さまもこの流れに取り残されないために、新しい事の提案をさせていただきます。

 

連絡がつきづらい制作会社

よく制作している人と直接話させてください。という声を聞きます。しかしそれはなぜでしょう。営業が忙しく走り回っていて、連絡がつかないからでしょう。

私たちは、営業はお客さまの力を引き出すモノであり、社内の力を集結できる人と考えています。そのため1人あたりでもつクライアントは、5社と考えています。それ以上はしっかりとお客さまのことを考えた行動ができなくなります。

そして社内の制作者でチーム制をつくります。このチームは運用の際も解体せず、お客さまに寄り添うまるでホームページ担当のような動きをしていきます。

私たちが制作・マーケティング会社として選んで頂いている理由

わたしたちSugarBeatsを選んで頂いている理由もあります。

Web上の制作範囲が広い

動画・漫画・ライティングなどさまざまな専門職を社内でご用意しています。そのため、幅広い制作物が納品可能なため、1つづつ会社を変えてチグハグなものができるリスクがありません。

マーケティング視点でのアプローチ

私たちは、SEO対策から始まり、リスティング広告、調査などマーケティング関連からスタートしました。そのため芸術的な制作は難しいですが、しっかりと伝わる・効果がでるサイト作りに力をいれています。

離職がほとんどない。

多くの制作会社では離職率が高く、せっかくコミュニケーションもとれ、制作もうまく行き始めたのに、また人が変わってしまう。そして1からまた伝え直しということがあります。

離職が少ないことによって、継続して、お互いの知識醸成をし、長くお付き合いできればあうんの呼吸でお互いの仕事をすることができるようになります。

サイト作成の期間

このサービスにおいては短納期を行う予定はありません。

3ヶ月程度を目安にして、行きたいと考えています。

私たちのサイト制作については大体2週間から1ヶ月で作成します。

そのため時間がかかるなと感じるかたもいるかもしれません。

しかしこのサービスでは、それだけ時間が必要な理由があります。

サイト構築までの流れ

サイト構築までの流野として一般的なものをお伝えします。

  1. ワイヤー・サイトマップ作成
  2. デザイン作成
  3. コーディング

この3つからなります。しかしこれだけだとお客さまにどのようなサイトを作りたいのかというヒアリングだけを行う形になります。

ワイヤーなども基本的にお客さまの好み似合わせて引き、デザインもこういったモノがいいという要望をお聞きし、そこにエッセンスを加えて提出することになります。

しかしこれだけでは、競合調査の時間が足りなかったり、納品後の確認もお客さまと私たちだけで行うことになります。

それではこのサイト作成の目標である「No1のサイト作り」といえるでしょうか。

No1だと決めるのは、自分たちではなく実際に見てくれるユーザーです。

そこで今回の構築に3ヶ月かかる理由として、始める前と後に時間をいただきたいのです。

  1. 競合調査にかける時間
  2. 評価による時間

です。競合のURLをピックアップし、どのようなページをもっているのか。そしてどういったところで集客を行っているのかを構築前の段階で徹底調査します。そして競合に漏れがない形で制作を行います。

そしてデザインなどが完了し、サイトのコーディングが完了した段階で、50人からの評価を確認します。在宅で見ている主婦の方などを対象に、このサイトについてどのように思うのか、良いポイントと悪いポイントを洗い出します。

そしてそのデータをもとにブラシュアップをしていきます。仕上げとして多くのユーザーに見てもらうことで、制作会社である私たち、プロになりすぎているお客さまの一方的なメッセージではなく、ユーザーに適したサイトを立ち上げます。

そのため合計で3ヶ月間というプロジェクトになります。その間2週間に1度、スカイプなどでミーティングを行い、お互いの相互理解をしていきます。

今回のサービスがその後の運用までお手伝いをしていくものになりますので、そこでお互いを理解できる関係を作っていければと考えています。

 

サイト制作プラン サイトビーツプレミアムで行いたいこと。

代表の私自身がすでに13年以上SEOを中心としたサイト制作にかかわってきました。

SugarBeats株式会社としても5年目を迎え、そろそろ本気のWeb制作サービスを行いたいと考えています。

作った後も1年間はサポートをしっかりとさせていただき、Web集客の実感を改めてお客さまと共感するようなサービスづくりを行っていきます。

まずサイトとはなんでしょうか?

ここから考えていきたいのです。

私にとってサイトは、オフィスや店舗のようなものだと考えています。

サイト制作は、その箱作りです。

オフィスや店舗を作る際に、中で働く人がより働きやすいように、来客されるお客さまが居心地が良いように想像をして作りますよね。

サイト制作も同じです。自分たちがサイトの中にいる記事が有効に働きやすいように、そして検索結果や広告から訪れる人が見やすく、納得できるようにつくる必要があります。

そのためには、どのような人が来店し、どのような会社としての強みがあり、サービスの特徴があるのか、すべてを聞かせてほしいのです。

サイトビーツプレミアムで行いたいことは、そのコミュニケーションコストをしっかりと考えた設計で制作を行いたいと思っています。

そして同業種の競合調査や、私たちが多く経験してきた多種多様な業種の良いところ、さらに強みであるWebマーケティング・集客の部分までトータル的にサポートを行います。

サイト制作を自社で行うか、他社で行うか。

サイト制作において常に考えるべきなのが、「自社で行うか」「業者に任せるか」です。

最近では、自分でも簡単にできるといったホームページ制作サービスが増えています。そのため社内で簡単なHTML/Cssを理解する人がいればできてしまいます。

そう考えると、自社ですべてやるべきなのだろうかと考える経営者のかたも多いでしょう。私もそう思います。しかしサイト制作を行うのに、形を作るということも重要ですが、それ以上にサイトを設計するということが重要だと考えています。

サイト設計については、幅広い知識や知見が必要になります。それは同業種についてもいえますが、多種多様な業種をみているからこそできることがあります。

同じ業界についてのトレンドを理解していることは、企業にとっては重要なマーケティング活動の一環であり、多くの会社で行っているでしょう。

しかし業界外のサイトや広告活動については、あまりチェックできないと思います。

そうすると、他のうまくいっている会社の真似をするだけで終わってしまうでしょう。

業者が入る付加価値として考えられるのは、その広い視点です。たしかに深い視点でいえば、会社に

行うべきこと、やるべきこと、

まずサイト制作においてやるべきことをあげていきたいと思います。

サイト制作の手順

サイト制作において、もっとも大切なのは、設計です。

設計というのは、大きく分けて3つです。

  1. ブランディングの設計
  2. 集客の設計
  3. デザインの設計

です。

サイトにおけるブランディングの設計とは?

お客さまがお持ちの資料や、名刺などと合わせて考えていくのが大切だと考えています。

なぜなら、何を伝えたいのか?働いている人はどういう人なのか?そして何を伝えたいのか?そういった部分は統一性がない限りは明確に伝えることは難しくなります。

意外に多いのがコーポレイトカラーもないということです。

コーポレイトカラーなんて、いらないよと思うかもしれませんが、大事なことだと思います。

色は、人の意識に訴えかけることができます。

文章や動画など、中身をしっかりと伝える行為については、人の好みなどで見られる、理解することが難しい場合があります。

しかし色については、最初サイトへ流入した時に大きく気分に影響することができます。

例えば、ティファニーブルーといわれる色をコーポレイトカラーにしたがるクライアントさんがいらっしゃいます。この色は、人に不快感を与えない色として言われていますが、メッセージ性といわれると難しい部分があります。

逆に黒背景に赤や金など、強い配色で用意した場合は、確かに嫌がる人もいるかもしれません。しかし会社としてインパクトを残したかったり、一度ユーザーに覚えてもらえるサイト名などであれば次からはリピーターになってもらえる可能性は高まると思います。サイト内で継続して購入する必要があるサービスを運営される企業にとってはいい配色とも言えます。

そして名刺なども同じブランディングをしておけば、覚えてもらえる可能性は高まります。

名刺にはイラストの顔写真がついていて親しみやすいデザインにも関わらず、サイトは高級感を出している、そして店舗についてはナチュラルな雰囲気となった場合、その会社はどういった企業なのかを意識付けすることが難しくなります。

そういったどのように会社か、どういった特徴かをしっかりと伝えるためのブランディングです。

集客の設計。

サイト制作における集客の設計は、ユーザーを考え行わなければいけません。

サイトにおける集客元というのは、大きく分けて3つです。

1、Googleなどの検索結果

2、他社サイトからの流入

3、SNS

この3つになります。広告別にすると

  • オーガニック≒SEO
  • 他社サイトからの流入≒アフィリエイト・ディスプレイ広告・SNS広告
  • SNS≒自社SNS

ということになります。広告別に考えることもありますが、サイトの設計の置いては、ユーザーの質で考えることが重要かと思います。

検索結果で流入してくる人に対しては、ニーズが高いことが想定されます。なぜなら、自ら検索をかけ調べてきているからです。

それに対して、他社サイトから流入する場合は、興味本位の可能性が高くなります。どちらかといえば、他社比較などユーザー側を刺激する必要があります。

自社SNSなどの場合は、SNS自体に情報量が少ないことが想定されるため、しっかりとした情報提供が重要といえます。

そう考えるとサイト内に用意しなければいけないものは、合わせて3種類あるといえるでしょう。サイト制作において、なんとなくページを制作するのではなく、どのような人を流入させるページなのかをしっかりと考え、サイト設計を行う必要があります。

サイト制作に関する考え方は詳しくは→本気のホームページ集客・Web集客

デザインの設計

続いて、もっとも関心があるデザインの設計について書きたいと思います。

デザインについては、もっともお客さまごとの個性がでやすい部分でもあります。しかし決して押し付けるようなデザインというのはあまりお勧めしません。

もしアートとしてサイトを作りたいというかたであれば、完全に個性を出し、アニメーションを使い、画像も高画質のものだけを使ってもよいでしょう。

しかし企業にとってサイトというのは、戦力です。安定的にユーザーを集め、案件をもってきてくれる戦力が欲しいのであれば、まずは基本となるものから作りましょう。

確かに、動いたりするサイトの制作は作り手としては作っていて楽しいものです。しかしそれがSEO・集客に強いかといわれるとそうではありません。

そして広告費を莫大にかけ、一時的に集客を行えば一瞬の集客は狙えるかもしれませんが、個性が出されれば出されるほど飽きてしまう可能性もあります。

私はサイト制作においては、気持ちの良い個性・デザインの制作がなによりも重要かと思います。

制作の設計が終わったらば、使うCMSの選定をしましょう。

サイト制作において、CMS選びも重要です。

サイト制作において考えられるCMSは、

静的なHTML

WordPress

Concreat5

各種独自CMS

など選択肢というのは無限に増えてきています。よくオウンドメディアに有効なCMSなどという触れ込みを見ますが、実際はそのCMSを使ったからと言って努力せず集客を上げたということは見たことがありません。

よく集客があがるホームページ制作用CMSといったものは、努力のしやすいCMS

だと感じています。

もちろん私たちのような会社が支援をさせていただきサイト運営をさせていただくこともあります。しかしそれ以上に、サイトをいかにお客様のほうで気に入っていただき、長期にわたって継続をしていけるかも重要になります。

そのためにCMS選びで大切なのは、

柔軟性

拡張性

継続性

です。ホームページ制作を行っている人の中には、Wordpressは脆弱性があったり、システム導入をしづらかったりと完ぺきではないという制作者・制作会社もいます。しかしそれはeb上のシステムであれば、どのようなサービスもいえることではないでしょうか。私としては、お客さまのご要望がない限りWordpressでのサイト制作をお勧めしています。

サイト制作における柔軟性とは?

サイト制作において、システムに強みを持っている会社であればあるほどオリジナルのシステムを作りたがります。そしてそれは自社開発だからこそできる柔軟性があるということです。

しかしそれは、Webという広い世界における柔軟性ではないと思います。

もしその会社がつぶれてしまった場合は、誰も使えなくなってしまうようなシステムは柔軟と言えるわけはありません。

今の時代、いくら大手でも倒産してしまうようなリスクはつきものです。だからこそ将来的に柔軟に対応できるようなシステムを導入するべきだと思います。

サイト制作における拡張性とは

そしてサイト制作後運営をするなかで、このようなことをやりたいなと考えることは多くあります。そして企業規模が大きくなってきて、管理者が増えてきた際に、マニュアルを作りたいと考えることもあるでしょう。

機能面において独自CMSを利用した場合、そのお客さまだけの独自巣ステムを開発することは難しくなります。

なぜなら、CMSを作っている会社のビジネスモデルを考えればわかることです。システムを開発し、多くの人に汎用的に利用してもらうことを前提にCMSの設計を行っています。

そのためお客さま単位で個別に対応することを前提に考えていないビジネスモデルと言えるでしょう。または開発できたとしても、かなり高額になってしまうことも多くあります。

よくリニューアルの話を聞く際に、こういった機能をサイトに入れたいんです。ただいまのCMSで開発するには、300万以上のコストがかかるという話をされます。

そして聞いていると、Wordpressのプラグインを使えば簡易的なものであれば、数万円もあれば開発できるのにと感じてしまうことも多くあります。

サイト制作における柔軟性とは、お客さまの成長や要望に合わせてブラシュアップをどの企業でも行えるような環境を準備しておくことだと思います。

サイト制作における継続性とは

継続性を考えたときに、何が一番効果があると思いますか?

それは、「結果の理解」と「努力のしやすさ」です。

まず努力のしやすさという意味で考えていくと、使いやすいことが重要だと思います。全部入りのCMSなどでは機能が大量についている分、どこを押してどのようなデータ、そして入力ができるのかが分かりづらい傾向にあります。それに対して、初心者でもわかるCMS

というものでは機能が限られていて、いまはいいけれど制作から数年間たつと昨日不足になってしまうことがでてきます。

そのため、なるべく機能を持っていながら、最初理解するまでは機能を制限しておくというのが一番効率よいやりかただと感じています。

そして制作から数カ月かけて少しづつ理解を進めていけば、機能を開放することで社内の方も困ることなくすすめていくことができるのです。

私としては、この政策における3つの条件がちょうどよくできているのが、Wordpressだと感じています