Webライティングでアクセスを増やしたい人必見!見られるサイトのコツ

サイトにコンテンツを追加したのにアクセスが増えない……。
そんな状況に陥っているサイトは非常に多いものです。

そのアクセスが増えない理由は、Webライティングの方法が適切でない可能性があります。
そこで、アクセスアップを目指している、Web担当者の方は、見てもらえるライティングの知識を深めましょう 。

サイトへのアクセスを増やすための手法はさまざまありますが、そのひとつの方法が 、SEO対策です。特定のキーワードが上位表示されることで、コンテンツへのアクセスは増加します。
そこで重要なのが、上位表示されやすくするための「SEOライティング」です。
Webライティングをやっていて、これらの対策としてSEOライティングで集客を見込みた いとき に、どのようにしたら、アクセスが伸びるのでしょうか。
また、そのためのホームページ制作やWebライティングで書いた記事を商品としてきちんと売り出すためには、どうすればいいのでしょうか。

そもそもSEOとは何か

SEOとは、ユーザーと検索エンジンの双方に役立つサイトのことで、検索結果により検索結果を上位にするためのものです。また、そのための技術や手法のことです。
重要なのは、ユーザーや検索エンジンだけを意識するものではなく、どちらにも分かりやすい表現の仕方を心掛け ることです。
Googleは「読み手のために有益な記事かどうか」を判断しています。このため、検索されるであろう適切なキーワードを選びながら、それを上手に本文に組み込むことで検索でヒットしやすい環境を作らなくてはいけません。

読み手が「これだ!」と思う文章に仕上げる

また、ライティング技術は読み手のためにもとても大切です。
仮に検索サイトの上位に表示されるようになっても、人の読み方はさまざま です。どんな人にもすんなりと読みやすく、理解してもらえる文章の組み立てとなっていなければいけません。
本文中に、検索したキーワードが現れないと、「自分の求めていた情報ではない」と不安になり、その先を読まなくなってしまうかもしれません。
また、話題が逸脱して、望むキーワードから離れていくことも避けなくてはなりません。

読み手の目線に立って分かりやすいライティングを心掛ける

読みがいがあるという意味での情報量と文字数とは必ずしも一致しません。
多忙な毎日の中で、さくっと検索して、さくっと読めることを重視している読み手も多いのが現状です。
このため、読み手側から見た ライティングについては以下のチェック項目が付け加えられます。

  • ・簡潔に、しかも読み応えのある文章か?
    ・結論に至るまでの間に無駄な二転三転がなく 、簡潔に考えさせる文章になっているか?
    ・新たな気づきがある内容か?
    ・類似サイトでは見られない視点を用意できているか?
    ・大事な説明やポイントは何か、という読み手の納得するものに仕上がっているのか?

これらの点はもちろん読み手のために行うべき配慮でもあります。そして、検索サイト対策ともなります。
他サイトと比べて、「これは読みやすいし、ためになる」という反応を得られれば、その読者はリピーターとなってくれ、他の記事も読んでくれるようになるでしょう。
例えば、友達の話を聞いていてオチがなかったり、結婚式のスピーチで話が二転三転して結局何を伝えたかったのか分からなかった などの経験が、誰しもあると思います。
Webサイトもそれらと一緒で、回りくどい伝え方になっていないかを、常に自ら確認しておくことも大切です。
Webで検索する人は、今すぐ知りたいこと がある人が多いです。簡潔に、分かりやすく 、しかもためになる記事を読み手は探しているのです。

Webサイト制作側が期待していること

Webライティングを依頼するサイトはこれらのSEO対策をきちんと取ってもらいたいと思っているはずです。またWebライティングの役割を担うライターは、その記事を商品として、売り出さなければいけません。
また、依頼者はその記事を自身のWebサイトに掲載したいと思っているため、Webサイト制作にも、SEO対策をしている記事は絶対に必要になってきます。
ホームページ制作とコンテンツライティングを考える際、ホームページに載せる文章は、短くて見やすい文章が良いのか、ある程度詳しく説明文を掲載した方がいいのか、ということが問題になることがあります。
ユーザーを思えば、凝縮した短文を読みたいはずです。しかし、検索エンジンを思えばある程度の情報量を、と、命題になることがあります。
ただ単に文章を掲載すれば良いというわけでもなし、文章の長さや文体を含めてホームページ制作におけるWebライティングには注意を払う必要があります。

Webサイト側は、自社のサイトを検索したとき に、なるべく上位にくるようなSEOライティングを望んでいます。
プロのWebライターとしてやっていきたいと考えているのなら、これらのこと を頭に入れておきましょう。まずは読んでもらえるようなターゲット層を定めることが必要です。つまり、読者層を「どんな人が読んでいるのか」を具体的に決め、設定していくことです。
読み手が何を考え、どんな情報が欲しくて、どういったキーワードで検索をするのか。それをリアルに、顧客視点で想像していくことが記事作成の第一歩と言えるでしょう。

ただ、SEOライティングは専門的な知識を身に付けることが必須で、具体的にどのような記事が効果的か分からないということはありませんか。
また、「記事をアップすればすぐに上位表示される」というわけではないので、正解が判断しづらく、効果の実感は中・長期的であることが特徴です。

そのため、「自分ではどうすればいいのか?」というお悩みもあると思います。

SugarBeatsでは、SEOライティングを強みとした、記事作成の依頼を承っています。
「サイトのアクセスを増やしたい!」「ホームページを資産と考え良いコンテンツを運用したい!」とお考えの方は、ぜひ弊社へお気軽にお問い合わせください。

ライティングの発注・文章制作はSugarBeatのWriting Beats!

効果あるライティング発注・文章作成の見積もり相談はこちら

問合せフォームはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です