Webライティングで重要!「読みやすい文章」と「読みにくい文章」のポイント

現在、インターネットの普及に伴い、さまざまなサイトが増えてきました。
サイトの種類も多く存在し、企業の公式サイトやゲーム攻略サイト、通販サイトなど、サイト作成者の目的に応じたものがたくさんあります。
そのため、Webライティングに関わる機会が増加していて、ブログや各メディアコンテンツを担当している人は、文章の難しさに直面している人が多くいるでしょう。

さまざまなサイトを見ていくなかで、文章が「読みやすい」、「読みにくい」と感じることがあると思います。
せっかく内容は濃くても、サイト内の文章が読みづらいと、ついブラウザバックしてしまいますよね。
その他にも、文章が「読みやすい」か「読みにくい」かによってサイトを見てもらえるのかどうかが大きく変わります。

今回は、Webライティングで重要となる、「読みやすい文章」と「読みにくい文章」の差を比較して、ポイントを解説していきます。

「読みやすい文章」と「読みにくい文章」の比較

大手企業の公式サイトには毎日たくさんの人がアクセスしています。
その理由のひとつとしては、有名な企業であることが挙げられますが、そういった企業が作っているサイト内の文章はとても読みやすく書かれていることがほとんど。

どんなサイトを作るにしても、1ページごとの基盤として必要となるのが文章になります。
そもそも、インターネット上で文章を書く必要があるといわれる最も重要な理由は「伝える」
というテーマが存在するためでしょう。
サイトのページ上では面と向かって話をするわけではないため、文字を使ってページのコンセプトを見ている方々へ伝えなければならないのです。

では、「読みやすい文章」とは何なのでしょうか。
「読みにくい文章」になる原因も一緒に理解するための例をいくつか見ていきましょう。

例1

「○○と考えている方は○○した方がいいでしょう。」
「○○と考えている方は○○したほうがいいでしょう。」
いかがでしょうか。こういった短い文章の「方」という文字を2回使ってしまうと、一瞬戸惑ってしまいますよね。

例2

日本語には数字の漢字も存在するため、文章を書くうえで気を配らないといけません。
「十分で充分間に合います。」または「十分で十分間に合います。」
「10分で十分間に合います。」
この場合、「10分で十分間に合います。」のほうが読みやすいです。

ただ、この文章では、言い回しが、読む側に違和感を与えるような文脈になるため、
「10分で余裕を持って間に合います。」といった文章を使うとスマートでしょう。

例3

「こちらは○○に効果がある商品になります。さらに、こちらの○○もお付けします。お値段は○○円になります。」
「こちらは○○に効果がある商品になります。さらに、こちらの○○もお付けしましょう。お値段は○○円です。」

お気づきでしょうか。1つ目の文章の例では、全ての文章の末が「ます」になっていますよね。
いわゆる「です・ます」調といわれているもので、ご存知の方も多いと思います。
ずっと文章の末が「です・ます」で続いてしまうことも読みにくい文章を作ってしまう原因になるのです。
2つ目の文章のように「しましょう」を挟んで、最後の文は「です」にするだけで文章全体の見栄えもかなり変わってきます。

例4

「この記事では、今話題の、○○を、簡単に、説明していきます。」
少し極端に表現しましたが、句読点が多すぎるのも「読みにくい文章」の原因となります。
句読点は水泳でいう息継ぎのようなものなので、あまりに多すぎると読む側は疲れてしまうのです。
句読点の使いすぎにも注意しましょう。

Web上でサイトを閲覧してくださる方々のほとんどが理解できる文章を書くためには、こういった要素を考えながら文字を書き、全体の文章を整える必要があるでしょう。

読みにくい文章にならないためには

さて、「読みやすい文章」と「読みにくい文章」の比較を見ていただきましたが、ここからは「読みにくい文章」にならないようにする方法を簡単にご紹介します。
「1文章ごとに気をつければいいんでしょ。」
と言いたくなる気持ちは分かりますが、前述の例は最も基盤となる要素です。
サイト全体を通して「読みやすい文章」を書くためには、次のステップへと進まなければなりません。
では、サイト上で記事を書くことを想定して、早速いくつかご紹介しましょう。

見出しを考える

記事を書くときは必ずテーマを考えますよね。
しかし、全体のテーマを考えるだけでなく、一つのテーマをいくつかの要素に分けて記事を書くことが「読みやすい記事」には必要となるのです。
この記事においても3つの見出しに分けて記事を書いているのが分かると思います。
もし、見出しを考えずに一貫して記事を書いてしまうと結果的に「読みにくい文章」になってしまうでしょう。

極端に速く文章を書かない

仕事で記事を書いている方々は速く記事を納品したいがために、いかに速く記事を書くかを追求していることでしょう。
もちろん速く記事を書けることはとても大事なことではありますが、極端に速く書ける場合はデメリットを負ってしまうことになります。
記事を書くうえで最もやってはいけないミスは「誤字・脱字」になります。
文章を書くのが早すぎる場合、「誤字・脱字」しやすくなってしまうのに加え、内容も薄くなってしまう可能性があるというデメリットが発生してしまうのです。
なので、記事の内容もしっかり考えながら、ほどよい速さで記事を書くようにしましょう。

「読みやすい文章」と「読みにくい文章」のポイントまとめ

 

今回は「読みやすい文章」と「読みにくい文章」の差についての説明をしました。
いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。

文章の書き方は人によっても大きく異なります。
ちゃんと基礎は守ったうえで、自身の書き方のスタイルを探してみてください。
これらの要素を確立することができれば、立派なWebライターになれること間違いなしです。

Webライティングは今回お話したようなポイント以外にも、さまざまなテクニックやコツなどがあります。
これらの知識やスキルを理解し、活用することで「読みやすい文章」となり、運用しているサイトに対して良い効果を与えることができます。

SugarBeatsは、これらのWebライティング知識を最大限に活かした、コンテンツ運用やライティング依頼なども承っています。
ライティングの仕事を任したい。文章のアドバイスをしてもらいない。など、ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

 

ライティングの発注・文章制作はSugarBeatのWriting Beats!

効果あるライティング発注・文章作成の見積もり相談はこちら

問合せフォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です