長い文章を書く際のコツ!まとまりのあるライティングへ

著者:wpmaster

長い文章を書く際のコツ!まとまりのあるライティングへ

ライティングで求められている文字数は、短いもので500文字程度、一般的には1000文字から3000文字、長文となれば5000文字を超えるものまであります。何となくイメージだけで書き始めてしまうと、途中でバランスが悪くなりがちです。長い文章でも苦にならずに書き続けることが出来て、文章としてもまとまりを持たせるためには、一定のコツがあります。

長い!と困ったときのライティングのコツや方法

ライティング

・見出しを考えてから書き出すことが大切

長い文章をライティングする際には、起承転結または序破急といった文章の流れを作るために、見出しを考えて構成を練った上で書き始めれば、2000文字の文章であっても500文字が4つと分かりやすくバランスも良くなります。本文にボリュームを持たせるならば、承と転を増やして起と結を短くするといった工夫も可能です。

・同じ文末を3回以上続けないと決めておく

ライティングを初めてすぐの段階では、同じ文末を繰り返し使いがちです。同じ見出しの文章内では、同じ文末を続けて3回使わないと決めてしまえば、読み手に違和感を与えること無く整った文章が書けるでしょう。ライティングの依頼を受ける際には、細かいルールを読んでから取り組む必要がありますが、同じ文末を3回以上繰り返さないという指定が入っている仕事が多いです。タスクと呼ばれるスポット案件では、特に不特定多数の人が案件に参加するので、ルールが細かくなる傾向があり、最初から慣れておけば読み飛ばすルールとなります。

・校閲ツールを活用しよう

校閲ツールとして有料のソフトを改めて購入しなくても、基本的な文法や係り結びの法則については、MicrosoftWordの校閲機能を使えば簡易チェックが可能です。同時に文字数カウント機能もあるので、細かい文字数指定がある場合には、納品前に確認すると良いでしょう。普段の文章入力には、テキストエディタを使い、納品前チェックに校閲と文字数カウント機能を使って確認すれば、誤字脱字まで含めてケアレスミスを防げます。

・コピペチェックツールを活用しよう

ライティングを行なう際に、参考文を参照しながら書き上げると、ある程度文章が似てしまう可能性があります。完全に一致していなくても、文章をコピーしたと判定されないように、コピペチェックツールを用意しておくと、依頼者からあらぬコピー疑いを掛けられる心配が無くなるでしょう。

 

 

長くても嫌にならない継続するためのコツ

継続するコツ

BRRT / Pixabay

ライティングをある程度続けていると、精神的にも肉体的にも壁にぶつかることがあります。しかし、回避する手段を知っていれば、僅かな工夫を行なうだけで継続したライティングが出来るようになるでしょう。

・身体にかかる負担を軽減しよう

長時間のデスクワークに慣れていなければ、ライティングを長時間続けると腱鞘炎となってしまったり、姿勢が悪くなりがちです。中でも腱鞘炎対策は十分に行なう必要がありますが、キーボード選びを工夫するだけでも大きな違いが出ます。ライティングを毎日長時間継続すると、キーを1つ打つ際の力であっても膨大な打鍵数となるので、なるべく負荷がかからないタイプのキーボードを選ぶことが重要です。キーストロークが深く打った感触が確かなメカニカルキーボードは、1日3万文字以上打つと疲れてしまいます。しかし、パンタグラフ式でキーストロークが浅いタイプを探せば、入力時の力が半分以下で済むでしょう。

・ライター歴が長い人はカナ入力を使っている

ライター歴が長い人は、ローマ字入力を行わずにカナ入力を使っていることを知らない人がいます。覚えるキーの数が少なく済むローマ字入力は、大量の文字を打つライティングでは、1文字を1打鍵で済ませることが出来ず、指先を酷使する結果になりかねません。なるべく打鍵数を少なくするためにも、カナ入力を覚えれば入力する打鍵数を同時に減らせるので、高速化にも繋がります。

・書ける分野を広げて行くことが大切です

既に頭の中にある知識を基にしてライティングを行えば、自分だけの独自の表現や言い回しが使えますから、コピーコンテンツ扱いされることがありません。しかし、同じ分野の記事ばかりライティングを続けていると、飽きが来るだけでなく過去に納品した記事とのカブりが問題と鳴ります。個人ごとに特有な言い回しを使いすぎないことが理想ですが、新しい分野の記事にも日々挑戦することで、似通った記事を書きすぎない工夫が出来るわけです。

3、ライティングで稼ぐためのコツ

稼ぐ

趣味の範囲でライティングを行なうならば、1時間かけて1000文字の記事を100円で請けても良いでしょう。しかし、プロとしてライティングで生計を立てるためには、少なくとも目標金額を決めて取り組むことが重要です。最初は1日5000円といった現実的な金額から始めると良いでしょう。

・稼ぐために必要なことはスピードアップと単価アップ

ライティングで生計を立てるために本気で取り組むことにしたならば、ライティング速度アップと受注単価アップを並行して考える必要があります。収入はスピードと文字単価を掛け算した数字で表すことが出来るので、1日5000円稼ぐならば1時間1000円を5時間取り組めば良いことになるでしょう。1時間1000円稼ぐためには、自身のキーボード打鍵速度から逆算して文字単価がいくら必要なのか自然と割り出せる筈です。慣れてきたら1時間あたりの目標金額を上げれば、更に収入アップに繋がります。

・スピードアップをする究極の方法とは

文章構成を作った上で、実際のライティング作業については、1時間で4000文字程度はカナ入力を使えば楽に入力出来るようになるでしょう。文字単価アップが難しい場合には、更に入力スピードを上げるために、別の方法を導入している人もいます。テレビ局のアナウンサーが1分間に原稿を読む速度が300文字から350文字と言われているので、やや遅く見積もっても1分間に250文字の入力ならば音声入力を利用すれば実現可能です。実際には文章を考えたり、滑舌の悪さからくる誤入力を修正するために1分間に150文字程度まで落ちるでしょう。それでも1時間で9000文字の入力ならば実現出来てしまうわけです。

・単価アップは明確な基準を設ける

ライティングを行なうために取材や調査が必要な案件は、文字単価が5円以上と言われています。最初に目指す文字単価は1円以上を最低ラインとすることですが、全て難易度が高いライティングのみを行っていると、息が詰まるでしょう。平均して文字単価が1円を超えることが出来れば、1日2万文字程度の仕事量であっても、日給換算で2万円に到達するわけです。ライティングの仕事を請ける際には、文字単価の交渉を行ったとしてもクライアントが出せる予算には限界があるので、案件の難易度と量に合わせて明確な最低ラインを設定して、定期的に受注する仕事を整理すると良いでしょう。ダラダラと全ての仕事を請けてしまうと、いつまでも稼げるようになりません。

著者について

wpmaster administrator

コメントを残す